恋空 第3話

「ぜったい幸せにするから!許されない結婚と父の涙…ヒロをおそう驚愕の真実」

 作中で起きていることは、なかなか大変なことばかりなのに、サラッと進んでいくストーリーは非常に物足りない。物語に力がないんだろうなぁ。

 回を進めるごとに、美嘉(水沢エレナ)とヒロ(瀬戸康史)の性格がよく分からなくなってくる。この年代の時って、アイデンティティが確立されてないから、行動や思考のパターンに揺らぎがあるように見えるのだ、と言われれば、確かにそうかもしれないが……

 もやがかかったような柔らかみのある映像や、ゆったりしたように見える展開(実際には、てんやわんやのはずなのに)は、どことなく「世界の中心で、愛をさけぶ」「いま、会いにゆきます」のテイストに似ている。同じく純愛モノだからだろうか?「恋空」は本当に純愛モノと言って良いのかは疑問だが。

 いずれにしても、新鮮味のない作品であることには違いない。

恋空 スタンダード・エディションプリンスシリーズ D-BOYSコレクション 瀬戸康史

学校じゃ教えられない! 4限目

「なぜ、命は大切なの?」

 いままでの恋愛を中心にしたテーマとは異なり、“命”がテーマだったためか、細部まで描ききれておらず消化不良な印象だった。

 前回までの、現代的なテーマを取り入れながらもコミカルな展開を断ち切ってしまったようで、完全な失敗だろう。信太郎(法月廉平)と姉の問題も、真帆(夏目鈴)と陸上部の顧問(丸山智己)との問題も、いずれも表面的に事象を描いたのみで物足りなかった。一話で終わらせるにしては重すぎたのではないだろうか。

 今回、校長である氷室(谷原章介)の立ち位置がより明確になったように思う。常に冷静に物事を見つめ、判断を下す人物であり、裏付けがなければ動かない。影山(伊藤蘭)の側にたつわけでも、舞(深田恭子)の味方をするわけでもない。だが、結果として舞が望むような決断が下される。これは、舞の行動や考えに対する、客観的な裏付けとして機能しているのだ。

学校じゃ教えられない! オリジナル・サウンドトラック名前で呼ぶなって!中村蒼~I'll do my best together~

シバトラ 第8話

「勇気…予測不能の脱出!」

 相変わらず、重い物語が展開しているが、空回りしている印象が強い。

 竹虎(小池徹平)とリカ(末永遥)は芸能事務所の男たちによって、樹海に埋められてしまうが、いとも簡単に地上に出てきてしまう。まさに、裏で操っていた落合(橋爪遼)が言ったとおりで、殺してから埋めるとか、海に沈めるとか、もっと確実な方法をとるべきではないか。物語の展開上、二人が助からないといけないのは分かるが……

 子どもの頃のリカが母親(春木みさよ)にフォークを突きつけて以来、母親はリカを恐れ、無視し続けてきたという設定も、非常に浅薄な気がする。きっかけとしては考えられなくもないが、親子関係を元に戻す方法はいくらでもあっただろうに。そのため、本来であれば感動的であるはずの母娘の和解シーンでもカタルシスは得られなかった、作品にネタを詰め込みすぎた結果、それぞれが薄っぺらくなってしまったのではないだろうか。

 この作品の本当の物語は、落合と竹虎やさくら(真矢みき)の対決である。今回の終盤で、落合は竹虎に「本当の恐怖はこれからだよ」と言い放った。落合は何を企んでいるのか、落合がこれほどまでに力持っているのはなぜなのか、フィナーレに向けて動き出した物語最大の事件がどう描かれるのか期待したい。

 あまりしっかりと見ていないので、前回は気づかなかったが、へルタースケルターの副ヘッドで裏切りモノの五十嵐は桐山漣が演じてたのか。かわいらしい役が多かったような気がするが、悪役(?)も結構ハマってたなぁ。

pieces(10万枚生産限定盤)(DVD付)桐山漣 Humidity 83%

太陽と海の教室 第5話

「優等生の反乱…明かされた秘密」

 “受験勉強”をめぐり、羽菜(谷村美月)と大和(冨浦智嗣)の二人のすれ違いと葛藤が描かれたが、学年トップの成績である羽菜が、突然「進学しない」などと言い出してしまうのは、短絡的すぎて違和感があった。きっかけがあったにせよ、これほど急にその日暮らし的な考え方に切り替わってしまうとは……

 見せ場を作るためか、羽菜の言動は多少整合性がないようにも感じられたが、それこそが、彼女の年代における心のゆらぎなのかもしれない。逆に、大和は将来を見据えた計画的な考えを持っており、今を楽しもうとする羽菜と未来の明るさを求める大和とのズレがうまく描かれていた。

 学校で学んだことに実用性はあるのか。実用性がないならば、なぜ勉強する必要があるのか。羽菜の疑問に対して、朔太郎(織田裕二)は「ハチドリのひとしずく」のエピソードを持ち出して、勉強は宝探しであると説いた。つまりは、受験勉強とは実用性がない無駄なことなのだと認めたのである。湘南学館は、その受験勉強を重視した結果、必修科目の未履修が問題となっている。受験勉強という無駄の先に、宝がある。朔太郎は、生徒たちにどんな宝をもたらすのだろうか。

 それにしても、冨浦智嗣は相変わらず声が甲高い。その声のおかげで中性的なかわいらしさが強調され魅力的だったのだが、高校生役ともなると違和感の方が強くなってくる。この先、どんな役柄がはまりそうか、なんとも想像がつかない。良い役に出会えるといいけど。

「太陽と海の教室」オリジナル・サウンドトラック青いうた ~のど自慢青春編~ スペシャル・エディション

2008年夏季ドラマの感想(2)

 中間レビュー第2弾。にしても、完全に出遅れてしまい、最終回が近くなってしまった……。
 今回は、「四つの嘘」「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」「恋空」の3作品。

 前回の記事もぜひ「2008年夏季ドラマの感想(1)」

四つの嘘

 第7話まで視聴済み。
 脚本家・大石静による小説『四つの嘘』(幻冬舎文庫)を原作として、大石自らの脚本によりドラマ化された作品。視聴している夏季ドラマの中では一番見応えがある。

 女子校の同級生、原詩文(永作博美)・西尾満希子(寺島しのぶ)・灰谷ネリ(高島礼子)の3人は、同じく同級生の戸倉美波(羽田美智子)の死をきっかけに再会することから物語が始まる。3人の女性たちを中心に、生々しい人間関係が描かれており、シンプルな構成ながらも非常に見応えがあって引き込まれる作品になっている。

 ただ、美波の死が物語を始動させるきっかけである必然性が感じられない。前半の美波の死にまつわる展開(不倫相手との死など)と、後半の3人それぞれの物語との関連性が薄いように思えるのだ。冒頭の美波の死は、視聴者を惹きつけるという意味では効果があるだろうが、その後の展開への影響が少ないために、お飾りのようにしか感じられない。彼女のモノローグも必要性はなく、そもそも、美波という人物の存在意義すらも疑われるような構成なのである。

 「四つの嘘」というタイトルで、4人の女性を中心に据えた物語ということであれば、当然「四つの嘘」=「四人の嘘」というように結びつけられる。私も、当初はそのように考えながら、観ていたのだが、それは作者のミスリーディングだということに気づいた。四人の中でも“魔性”と呼ばれ、多くの男を魅了してきた詩文は、全くと言って良いほど嘘をついていないのである。
 詩文は、常に冷静でありながら、自分の考えに忠実に生きている。そこに、裏の思惑や狡猾さは感じられない。詩文と比べると、普通の主婦である満希子の方が醜いのである。詩文は、自分の意志を強く持ち、常にそれを信じ、それに忠実に生きてきた。そんな詩文に男性たちは魅力を感じ、その結果、“魔性”と呼ばれるようになったのだろう。
 だが、詩文自身には、男をたぶらかそうなどという、つまらない考えもなく、愛するまま、愛されるままに生活してきただけなのだ。本質的に“素直”な生き方をしてきた詩文が“魔性”と呼ばれてしまうというのは、現代社会に対する皮肉なのではないだろうか。
 ちなみに、美波のモノローグの中で「詩文は嫌な女だったけど、天国から見ていると意外と筋が通っている」というような部分があったことから、作者が意図的に詩文という人物を配置しているのは明らかだろう。

 さて、注目すべきキャストとしては、西尾家の家庭教師・大森基を演じる崎本大海を挙げておこう。作中の役柄は東大生だが、崎本自身は、慶應義塾大学に在学中。アメーバブログでブログを書いている若手俳優によって結成されたユニット「PureBOYS」のメンバーでもある。知的な雰囲気を醸し出しつつ、どことなく裏のありそうな表情が良くでている。今後の活躍については未知数だが、期待したい。

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命

 第9話まで視聴済み。
 「医龍」「救命病棟24時」などを手がけた脚本家・林宏司によるフライトドクターを描いた医療ドラマ。手慣れた作りで、飽きることなく楽しめる作品。

 ドクターヘリによるダイナミックな映像と、緻密な人物描写により、見応えのある作品になっている。毎回冒頭に「前回までのコードブルー」というナレーションが入るところからしても、「24」などの海外ドラマを意識しているらしく、登場人物一人一人のエピソードも充実しており、緊迫感ある構成にもなっている。

 藍沢耕作(山下智久)の祖母のエピソードや、黒田脩二(柳葉敏郎)の事故など、医療現場における厳しさを濁すことなく、描いているところには好感を覚える。

 藍沢役の山下智久をはじめとして、白石恵役の新垣結衣、緋山美帆子役の戸田恵梨香、藤川一男役の浅利陽介、冴島はるか役の比嘉愛未など、若手のなかでも演技力のあるメンバーに加え、黒田役の柳葉敏郎、田所良昭役の児玉清や三井環奈役のりょうなどのベテランも充実しており、安心してみられる。映像表現の美しさも魅力といえよう。

 山下智久は冷静で無口な役柄がよく似合っている。ちなみに、公式サイトには、山下の画像も掲載されているが、他の出演者とは異なり、イラストタッチに加工されているのがなんとも……。ジャニーズ事務所もいい加減、普通に写真を掲載できるようにすべきだと思うが。

恋空

 第2話まで視聴済み。
 美嘉によるケータイ小説『恋空』(スターツ出版)を原作とした作品。すでに映画化もされており、目新しさはない。

 原作のファンにとっても、相次いでの映画化・ドラマ化は食傷気味なのではないだろうか。実際、視聴率は5%程度と苦戦している。私は、原作も映画も見ていないが、人物設定や描写に違和感を感じ、あまり楽しめていない。

 美嘉(水沢エレナ)はどのような性格なのだろうか?比較的まじめな女子高生かと思っていたら、強引なヒロ(瀬戸康史)にあっけなく恋をして、タツヤ(永山絢斗)から離れてしまった。美嘉の心の中は分からなくもないが、ヒロと付き合い始めるまでの描写があまりにサラッとしていたため、違和感を感じてしまう。まじめな性格であるならば、ヒロと付き合おうと思うまでには様々な葛藤があるだろうに。
 物語の表面的な展開をなぞるだけではなく、きちんとした心情描写をしてほしいものだが、この作品に、それを求めるべきではないのだろうか。

 瀬戸康史には優しさと頼りなさを感じてしまい、ヒロ役には似合わないような気がする。永山絢斗は「パズル」に引き続き、味のある雰囲気がなかなか良い。二人とも今後に期待したいが、瀬戸康史にとっては、本作がマイナスの評価につながってしまうのではないだろうか。

2008年夏季ドラマの感想(1)

 今年の夏ドラマの中で、現在視聴中なのは「太陽と海の教室」「シバトラ ~童顔刑事・柴田竹虎~」「学校じゃ教えられない!」「四つの嘘」「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」「恋空」「33分探偵」「ここはグリーン・ウッド ~青春男子寮日誌~」の7作。これにプラスして「炎神戦隊ゴーオンジャー」「仮面ライダーキバ」の特撮2作、「花ざかりの君たちへ ~花様少年少女~」「ろまんす五段活用 ~公主小妹~」の台湾ドラマ2作、「24 Season 5」「LOST2」「HEROES」の長編ドラマ3作。いずれも地上波もしくはBSでの視聴だが、すべて録画したものを見ているので、放送のタイミングとはズレてしまっている。

 中間レビューと言うには少し遅い時期になってしまったが、個別レビューを始める前に、現段階での一通りの感想を書いておこうと思う。

 ということで、今日は「太陽と海の教室」「シバトラ」「学校じゃ教えられない!」の3作について簡単にまとめておく。

太陽と海の教室

 第4話まで視聴済み。
 月9では久々の学園ドラマ。日テレで「14才の母」「バンビ~ノ!」などのプロデューサーとして活躍していた村瀬健のフジ移籍第1作である。

 湘南を舞台に繰り広げられる高校生たちの青春群像がなんともすがすがしく、見ていてほほえましい良作といえる。若手俳優たちの爽やかさもよいが、織田裕二扮する櫻井朔太郎の哲学的な言動がこのドラマの肝であり、タレントを集めただけのワイワイ学園ドラマとは一線を画した作品になっている。
 学園ドラマの定石ともいえる、主人公の教師と校長(もしくは教頭や理事長)との対立、主人公の肩を持つ教頭(もしくは校長や理事長)という構図は、本作でも同様で、朔太郎を呼び寄せた校長の長谷部杏花(戸田恵子)以外の教員は理事長の神谷龍之介(小日向文世)側に付き、朔太郎を邪魔者扱いしている。本作では、長谷部の娘である榎戸若葉(北川景子)を朔太郎が担当する3年1組の副担任につけるということで、定石に味をつけているようだ。さらには、その若葉に結婚を迫る川辺英二(山本裕典)というキャラクターを用意している。

 物語は3年1組の生徒たちを中心に、進学と恋愛を絡ませながら展開していく。主要な生徒一人一人が何らかの問題や悩みを抱えているというのは、どんなドラマにもよくある設定だが、本作はそれらをバラバラに処理することなく、ある一つの方向に向かって収束させていこうという意志が見える。学ぶことの本質的な意味とは何か。人生における高校生活の意義とは何か。直接的な表現こそされないものの、学歴至上主義の現代に生きる人たち(特に高校生たち)への強いメッセージが感じられるのである。

 キャストについてふれると、根岸洋貴役の岡田将生は正統派の美少年だが、ちょっと頼りない雰囲気がいい味を出していて良い。白崎凜久役の北乃きいは「ライフ」の印象が強いが、勝ち気に見える顔つきは今回の役にも活かされている。田幡八朗役の濱田岳は、もはやこの手の役回りには唯一無二のポジションを確立したと言っても過言ではない。屋嶋灯里役の吉高由里子は「あしたの喜多善男」のイメージそのままのファム・ファタール(魔性の女)っぷりがハマっている。楠木大和役の冨浦智嗣は、だいぶ大人っぽくなったが、声の魅力は前と変わらず安心(笑)ただ、長髪はイマイチ。日垣茂市役の鍵本輝(Lead.)は、熱血っぽさが似合っている(本業の歌手としての注目度が低いのは問題)。澤水羽菜役の谷村美月は、ミステリアスな雰囲気を感じてしまうが、優等生らしい冷たさ加減が良い感じ。川辺英二役の山本裕典は、派手な茶髪がよく似合う。三崎雅行役の中村優一(D-BOYS)は、もっと快活な役柄の方が良い。役とはいえ、髪型に違和感アリ。

 ちなみに、公式サイトを見ていて驚いたのは、北川景子演じる榎戸若葉が東大卒の才女だということ。どう甘く見ても東大卒とは思えない。そもそも東大卒という設定に意味があるのだろうか?ドラマの中での描写を見ても、東大卒とは思えないし、東大卒の設定なら北川景子はミスキャストだろう。東大卒という設定さえなければ、何の文句もないのだが・・・。

シバトラ ~童顔刑事・柴田竹虎~

 第7話まで視聴済み。
 安童夕馬・朝基まさしによるコミックを原作とした刑事ドラマ。タレントの力(人気)によりかかっただけの駄作。

 シバトラこと柴田竹虎(小池徹平)による潜入調査の中で起こる事件を一つのエピソードにつき3話程度のボリュームを持って進めている。主演の小池徹平は童顔刑事という設定にピッタリで、22歳だがまだまだ高校生役でも問題なくいけるだろう。

 そういう意味では、変装や演技の力を求められる潜入捜査というのは、役者という仕事と共通しているのかもしれない。だとすれば、本作において、小池徹平は刑事としての竹虎を演じた上で、さらに潜入する上での役柄をも演じるという、二重の演技をしていることになる。そして、その二重の演技にこそ面白さが生まれるはずだ。
 しかし、たとえば第一のエピソードにおける高校への潜入捜査では、小池自身があまりに高校生らしすぎた結果、何の違和感も面白さも感じさせないままストーリーは展開してしまった。今までのところでは、メイド喫茶への潜入により女装した時だけが、笑わせる要素を含んでいたと思うが、それでも意外と似合っていたのだから、困ったモノだ。
 まあ、そもそも童顔刑事という設定であるために、無理のある潜入捜査を描いたコメディーとはなり得ないわけだし、原作もそれを狙っているわけではないだろう。だから仕方がないのだけど、ドラマ化するのであれば、変装の違和感をうまく演出してコメディータッチにしても良かったのでは?と思ってしまう。

 というのも、作中の事件や登場人物たちの人間関係・過去などには重い要素を盛り込んでいるにもかかわらず、それらの描写はあまりに表層的で、深みが感じられないのだ。独特のメッセージ性を含んでいるわけでもないのだから、もっと笑えるドラマにした方が良かっただろう。過去に傷があるという設定だけで物語に重厚さを感じるほど、視聴者は単純じゃない。

学校じゃ教えられない!

 第3話まで視聴済。
 「女王の教室」「魔女の条件」などでおなじみの脚本家遊川和彦によるオリジナル脚本作品。

 名門女子高に5人の男子が入学したことから物語は動き出す。英語教師の相田舞(深田恭子)はその5人と、問題を抱えた5人の女子を社交ダンス部に入れるが、校長の氷室賢作(谷原章介)や校長代理の影山盟子(伊藤蘭)は、社交ダンス部を認めない。舞は、一見頼りなさげだが、芯のしっかりしたタイプで、社交ダンス部を存続させるべく行動していく。

 “性”を前面に出した内容のため、その過激さが問題となって子供に見せたくない番組にランクインしているそうだ。遊川は、「女王の教室」に代表されるように、ドラマのジャンルの既成概念を覆すような作品を書いている。本作もいわゆる“学園ドラマ”の安心感と説教臭さを真っ向から否定した学園ドラマなのではないだろうか。さらには、ドラマはあくまでもエンターテインメントであり、教育ツールではないという理念が感じ取れるような気もする。カタく考えずに楽しもうよ、そんな声が聞こえてくるようだ。

 メインの生徒が10人というのは、いささか多すぎるようにも感じるが、一人一人のキャラクターが確立しており、それぞれの個性が活きている。中でも注目すべきは水木一樹(中村蒼)、見城瞳(朝倉あき)、横山永璃(仲里依紗)、西川叶夢(森崎ウィン)の4人だ。一樹と瞳は社交ダンス部の中心的存在で、客観的な視点で他のメンバーの恋愛や悩みを見つめている。その裏にあるのは、この二人は恋愛ということにおいて、蚊帳の外にいる存在だという点だろう。一樹は叶夢のことを好きになってしまったが、永遠に伝えないと決めている。パートナーの瞳は結果的には取り残されたことになる。恋は盲目とよく言うが、恋から一歩離れたところにいる二人だからこそ、自然と冷静な言動をとってしまうのだろう。逆に永璃は、まさに恋多き女であり、それゆえに盲目である。彼女と叶夢の向こう見ずな行動と、一樹と瞳の冷静さが重なることによって、物語の魅力が生まれているのだ。

 楽しんでみられる良作だが、演技の拙さや映像処理の粗さ(カットの切り替わりに違和感を感じるなど)が目立つ。全体的に荒削りなのがもったいない。

 キャストに関して言えば、中村蒼は「名前で呼ぶなって!」で初めて見て以来、注目中。ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出身でバーニング系列のレプロエンタテインメントに所属している。事務所の力もあるだろうが、すでに「BOYSエステ」で連ドラ主演、「ひゃくはち」で映画主演を果たしている。声の重さ(低さ)が気にかかるものの、これからの活躍が期待できる注目株だ。また、成田静也役の前田公輝や仲里依紗についても今後を期待したい。

ブログ再開宣言!

 大変ご無沙汰しております...。
 はてなダイアリーで「ブログの輪舞」の運営を始めたのが、2005年の5月。ドメインを取得して、Movable Typeで「散在道中膝栗毛」の運営を始めたのが、2007年1月。その最終更新日が2007年1月23日。

 この1年半は充電期間だったということにして、新タイトルにてブログの更新を始めることにしました。「双条光華のエンタメ一刀両断!」なんてタイトルにしてしまいましたが、タイトルに負けない記事を書いていきたいと思います。

 最近は、ドラマが全体的に低調ですね。イケメン&美女を集めればなんとかなるという考えはあまり拭えてないみたいで、これは!というものが出てきません。「24」などアメリカ発のノンストップ長編ドラマに勝てるような作品ができないかなぁ。

 これからは、またドラマとか芸能とかをメインに書いていきますので、お楽しみに!
 これからもよろしくお願いします!

仮面ライダーカブト 最終回

仮面ライダーカブト VOL.1

仮面ライダーカブト

2006/01/29~2007/01/21
テレビ朝日 毎週朝8時
【キャスト】水嶋ヒロ、佐藤祐基、里中唯、徳山秀典、内山眞人、加藤和樹、山本裕典、ほか

 最近のドラマは、次の放送が楽しみ!というものがなく、平均的にレベルが落ちているような気がします。それでも、いろいろ見ちゃうんですけどね。

 そんな中で、この「仮面ライダーカブト」は毎回楽しみにしていた数少ない作品の一つ。いつもいつも、いいところで終わりが来て、次に誘導するという、ドラマ本来のひっぱり具合が上手い作品でした。最近のドラマは、一話完結の短篇連作的なものが多く、新聞小説的に視聴者を引きつけるものは少ないですね。それぞれに魅力があると思うので、一概にどちらがいいとは言えませんが。

 で、カブトですが、この作品は子どもが見て分かるのか、という疑問を抱かずにはいられないほどに入り組んだ設定でした。と言いつつも、子どもは単純にライダーたちの戦闘シーンがあれば、細かいストーリーまで気にしないだろうという気もします。とにかく、敵だか味方だか分からなかったり、ライダーが大量に登場したり、空間の歪みで違う世界に行ったり、同じ人物が複数現れたり……私でも、細かい部分の設定や背景などはつかめていないぐらいに難解です。

 もちろん、どんでん返しや裏切りが毎週のように展開されるからこそ面白いので、その複雑さが一番の魅力のようにも思います。全体を通してみても、プロット的に納得のいかない点はそれほどみられなかったので、しっかりした脚本だったと言えそうです。

 ちなみに、劇場版「GOD SPEED LOVE」の方は、本編の上をいく複雑さで、劇場版を見ただけでは理解不能なのでは?という気がします。おそらく、本編とは別の時間軸で起こった状況を描いた作品なのだと思うのですが、登場人物も同じなので(当然なのですが)、終盤になるまで、なにがなんだか分からない感じでした。まあ、シカケが分かった時は、スッキリして気持ちいいんですけどね。ついでに、もう一度最初から見たくなるし。うまいな(笑)

天の道を往く者たち 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE メイキング『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』公式インタビュー&ストーリーブック 『絆』

 ドラマの方に話を戻すと、最後の2話の展開の早さには無理矢理の印象を受けました。ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、それまでの展開のスピードと比べて、突然の急展開となるため、当然、描ききれていない部分もありました。最終回の前の回を見た段階では、次が最終回とは思いもしませんでしたからね。結末部分にもう少し余裕を持たせてくれると良かったかな。

 一応、キャストについても触れておきます。全体的に演技力のあるキャストが揃っていて良かったです。
 主役の天道総司(カブト)役は水嶋ヒロ。知的な感じが良く合っていました。後半で、一人二役になったときの声の使い分けがなかなか良かったですね。研音所属ということで、今後も順調な活躍が期待できそう。
 加賀美新(ガタック)役の佐藤祐基はがむしゃら熱血な雰囲気をいい感じに演じてました。天道との対照性が上手くでていたと思います。ナベプロ系のトップコート所属なので、こちらも露出度が増えてくる可能性大。
 今後の期待度では、神代剣(サソード)役の山本裕典が一番のような気がします。所属しているエヴァーグリーン・エンタテイメントは初めて聞いたのですが、他の所属タレント(委託も含む)を見ると、バーニング系列のようです。だから、レオパレスのCMで藤原紀香と共演(?)してるのか。カブトを見ている限りでは、演技も悪くなさそうだし(コミカルで良かった!)、水嶋ヒロ以上に露出が増えるかもしれません。

仮面ライダーカブト ヴィジュアルガイドブック CAST OFF仮面ライダーカブト CLOCK UP

 この三人以外にも、矢車想(ザビー、キックホッパー)役の徳山秀典や影山瞬(パンチホッパー)役の内山眞人、風間大介(ドレイク)役の加藤和樹など、男性陣は充実しています。というか、ライダーを大量に出したのは、若手俳優をたくさん出演させて女性ファンを獲得するのが目的なのでは?という気もしてしまいます。
 一方の女性陣ですが、日下部ひより役の里中唯や天道樹花役の奥村夏未、岬祐月役の永田杏奈に高鳥蓮華役の手嶋ゆかなど、こちらも充実しています。ただ、最近の特撮ものは男性俳優の方に力を入れる傾向があり、今回も、男性よりのキャストという感じがします。個人的には、里中唯なんか良いと思うのですが、所属しているユニオン・プロダクションがどのぐらいのプロダクションか分からないので、今後については未知数です。

 長くなりましたが、カブトはオススメ出来る作品だと思います。時間があったら、DVDでまた最初から見ると、もっと深くつかめて、面白いだろうなぁと思いますが、なかなか時間が......。複雑なので、DVDの方がじっくり見られていいかもしれないですね。一息つく間もなく、来週からは、新作「仮面ライダー電王」が始まるのですが、個人的にはイマイチ期待できない気がします。見ますけどね。

仮面ライダーカブト VOL.1 最強の二段変身~キャストオフ仮面ライダーカブト特写写真集

Priea(プリア) - 無料写真プリントサービス

 最近は、無料のサービスが増えていて、なんともうれしいかぎりです。そんな中で登場したのが、この無料プリントサービス「Priea」。ユーザー登録すれば、月60枚(1回30枚までを2回)まで無料でプリントして送ってくれます。もちろん、広告付ですけどね。

 ということで、早速利用してみました。広告のタイプは2種類あって、上の画像の右がハーフタイプで、左がロゴタイプです。ロゴタイプは、左下に小さくつくだけなので、全部こっちを選びたいところですが、そうは問屋が卸さない。必ず、2タイプをセットで選ぶことになります(たとえば、30枚プリントすると15枚ずつになる)。
 ちなみに、複数の企業の広告があり、好きなものを選べるようになっています。自動にもできますが、細かく設定すれば、どの写真にどの企業のどちらのタイプの広告をつけるかが決められます。

 肝心の画質はというと、銀塩式でのプリントなので、とてもきれいです。ちなみに、記録紙はコニカミノルタのものでした。無料といえども、品質には手を抜いていないようです。

 友人に送ったりということも出来るので、ちょっとしたスナップ写真のプレゼントなんかには最適かと。保存用には、広告部分を切ってしまうという手もありますね。ハーフタイプなら、半分に切ればいいので、ミニサイズの写真がほしい時には、結構便利かも。ロゴタイプの場合は、サイズが中途半端になりますけどね。

タグ:

ちびっこチョロQ マメデジ

 赤外線コントロールのチョロQというと、今はキューステア(Q-STEER)がメインになっています。私も買おうと思いつつ、気に入ったデザインのものがなかったので、まだ保留中。
 そんな矢先に、通りすがりのリサイクルショップでこのマメデジを見つけたので、衝動買いしてしまいました。210円なら、キューステアの5分の1ぐらいだしね。(定価は630円とのこと)

 キューステアに比べると、コントロールが前進(直進)と後進(バックターン)しかないので、多少物足りない感じもします。でも、コントローラーが収納ケースになってたりして、カワイイ感じだし、210円なら安い!とりあえず、5種類あるうちの「NO.3 FAIRLADY Z サンセットオレンジ」を買いましたが、他のも買っちゃおうかな。

Qステア QSS03 インプレッサWRXスターターセット (A/B) Qステア QSS05 RX-8スターターセット (C/D)
タグ:

散財事始め

 年が明けてだいぶ時間がたちましたが、今日からブログを書き始めようと思います。

 2005年の5月に始めたブログは2006年の1月で力尽き、更新が止まってしまいました。それから一年。心機一転ということで、ドメインも取得し、再開します。

 と言っても、今回は「散財」を中心的なテーマにしつつ書いていくつもりなので、以前のブログの中心だったドラマ・芸能ネタは少なくなるだろうと思います。芸能ネタは集客力があるので、旧ブログのカウンタは現在24万を記録しています(現在も「はてなダイアリー」に放置中)。今回はなかなかアクセスが増えないだろうなぁ。

 自分勝手なペースで更新していきますので、よろしくお願いします!!

更新終了のお知らせ

いつの間にか、前回の更新日から一年も経ってしまった。

今年からはNEWSの活動も再開ということで、それに合わせるわけではないが、ブログも新天地で再開することにした。

再開と言っても、今度は芸能ネタ中心にはしない予定なのだが。

ということで、ブログの方向性は変わるが、これからもぜひぜひよろしくお願いします!!

新ブログ:

「散財道中膝栗毛」http://blog.sojokoka.com/

「NEWS」活動休止のメリット

 KAT-TUNのCDデビューについて何か書こうかと思っていたら、NEWSの活動休止が発表されてしまった。触れないわけにはいけないので、KAT-TUNに関してはまた今度。

 未成年メンバー(17)の飲酒疑惑が報じられた人気グループNEWSについて、所属事務所「ジャニーズ事務所」は3日、グループとしての活動を5月以降、休止させることを発表した。3、4月に予定されている全国ツアーおよびCDの発売については、中止とした場合に「準備が進んでおり、関係各位に迷惑をかける」とし、残る6人のメンバーで行うが、ツアー終了後には年内の活動停止に入る。なお、当該の未成年メンバーについては「年内に限らず当分の間、芸能活動を自粛する」とした。

 "連帯責任"でグループとしての活動にケジメをつけた。ジャニーズ事務所はFAXで「各位をはじめファンの皆様方に多大なご迷惑をおかけした。今回の事態を重く受け止め、年内のNEWSとしての活動を休止とさせていただく」と発表した。

 一部でうわさされたグループの解散について事務所は、「ない。あくまでも活動休止」と説明。また、未成年メンバーのグループ脱退についても否定した。

 〔後略〕

 NEWSとしては5月以降年内活動休止、今回問題を起こした草野は「当分の間」活動自粛ということらしい。ファンにとっては残念かもしれないが、事務所にとっては最良の措置だろう。

 ということで、活動休止という措置の事務所にとってのメリットをみていこうと思うが、その前に、ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnny's net」に掲載された文章を引用しておく。

今後の NEWS の活動について

 平成18年2月3日

 NEWS の未成年メンバーの未成年者飲酒等を内容とする報道に関しましては、現在も、事実関係を鋭意調査中ですが、ここに今後の NEWS の他のメンバーの活動について、ご報告いたします。

 NEWS につきましては、今回、各位をはじめファンの皆様方に多大なご迷惑をおかけしたことから、3月に予定されておりますツアーの催行、およびCDの発売については、その中止を含め慎重に検討させていただきました。 その結果、同ツアー、およびCDの発売につきましては、すでに準備が進んでおり、中止とした場合、関係各位にさらにご迷惑をおかけしてしまうことや多くのファンの方のご希望もあることから、いずれも予定どおり行なうことと決定いたしました。 もちろん、今回の未成年メンバーにつきましては、すでにお伝えのとおり、当分の間芸能活動を自粛いたしますので、いずれについても同人は参加せず、6人のメンバーで行うこととさせていただきます。

 そして、今回の事態を重く受け止め、上記ツアー終了後、年内の NEWS としての活動を休止とさせていただく予定です。

 関係各位、およびファンの皆様には、改めて多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びするとともにご報告申し上げます。

メリット1 飲酒疑惑報道の幕引き

 何と言っても、これが一番大きなメリットである。活動休止というインパクトの強い処分をすることによって、飲酒疑惑に関してはうやむやなまま終わらせることができるだろう。「鋭意調査中」などと言っているが、ビデオを手に入れれば良いだけなのだから、それを持っている出版社などに頭を下げればそれで済むではないか。それをしないのは、調査などするつもりがないからとしか考えられない。

 結局、飲酒の有無に関しては明らかにしないまま、なんとか幕を引いてしまおうということなのだろう。さらには、その先にある「破廉恥プレイ」に関しても黙殺するに違いない。

 NEWSが活動休止となれば、たとえ今回の飲酒騒動の調査結果を発表したとしても、マスコミも取り上げる必要性は低くなる(そういう言い訳ができる)。結果として、報道されない(というか、その前に調査結果を発表しないだろうけど)。素晴らしい隠蔽工作ではないか。

メリット2 山下智久ソロ活動重視へ

 NEWSの中で事務所にとって重要なメンバーは、山下智久・錦戸亮・内博貴(活動休止中)の3人であろう。だが、後者2人は関ジャニ∞のメンバーでもあるので、実質NEWSは山下智久をバックアップするためのグループと見ることもできる。

 もともと、山下はソロ活動ができるだけの人気があるので、事務所としても、ソロ活動に力を入れたいという気持ちはあっただろう。今回の活動休止で、ソロ活動重視の理由付けができたわけだから、可能性としては、山下智久ソロCD発売なども考えられる。修二と彰も売れたことだし、このタイミングでのソロデビューは悪くない。

 実際にソロデビューするかどうかは分からないが、ドラマ以外のソロ活動も行う可能性は高いだろう。

メリット3 KAT-TUNを前面に

 KAT-TUNのCDデビュー発表直後のこの一件。少しでも波紋を小さくするための手段として、事前にデビューを発表したのではないかと勘ぐられても仕方がないような絶妙のタイミングである。

 NEWS活動休止で最も恩恵を受けるのはKAT-TUNなのではないだろうか。すでにジャニーズ事務所のKAT-TUNシフト的な体制は見られていたが、その傾向はより一層強まるだろう。NEWSがレギュラーで出演するテレビ番組はないが、KAT-TUNには「歌笑HOTHIT10」があるし、以前には「KAT-TUN×3」という冠番組も放送されている。デビューとなれば、新しいレギュラーを持つ可能性もある。

 活動休止によってNEWSのファンが、KAT-TUNへと移行するかもしれない。順風満帆なデビューを後押しする強い風になるのではないだろうか。

メリット4 そしてYa-Ya-yahも

 KAT-TUNの後に控えているYa-Ya-yahにとっても、NEWSの活動休止は追い風になるのではないだろうか。本格的なデビューはまだだとしても(CDデビューはしているけど)、「少年倶楽部」でメインになる可能性はある。当然、KAT-TUNや関ジャニ∞が中心になるだろうが、彼らが他の仕事の関係で出演できないとなれば、Ya-Ya-yahに回ってくるかもしれない。

 そもそも、Ya-Ya-yahは冠番組「Ya-Ya-yah」を持っているわけだが、そのYa-Ya-yahの番組に、NEWSのメンバー数名がレギュラーとして出演しているというのは、何となく転倒しているような気もする。それを考えると、すでにNEWSのポジションというのは微妙なのではないだろうか。そして、さらに微妙なポジションになっていくのではないだろうか。

メリット5 NEWS活動再開という一大イベント

 今回の報道によれば、来年早々にNEWSは活動を再開するようだ。これは、一つの大きなイベントになりうるだろう。

 となれば、当然それを売りにして、セールスを上げることを目指すのではないか。ファンにとっては一年ぶりぐらいの新曲になるわけだし、メディアも大々的に取り上げ(取り上げさせられ)、デビュー時同様の売り出しをするかもしれない。

 「一年間の活動休止を乗り切って」というようなキャッチコピーと、大学進学率の高さをもって、「いろいろ苦労したけど、しっかりとがんばっている真面目なグループ」的な印象を強め、新たなファンを獲得する。事務所関係者の頭の中にはそんなシナリオが渦巻いているのではないだろうか。

メリット6 内博貴復帰のタイミング

 内博貴はいつ復帰するのか。NEWSか関ジャニ∞のどちらかの活動の中で復帰するということになるだろう。

 NEWSの方から復帰するとなれば、NEWS自体の活動再開と同時に復帰という相乗効果が得られるタイミングになるだろう。同時復帰であれば、飲酒問題に触れられるのも一度で済むし、ファンからすればイベント感が高まることだろう。

 一方、関ジャニ∞から復帰する場合も考えられる。関ジャニ∞は、NEWSほどには一般に認知されていないので、かつての飲酒問題についてもあまり大きく取り上げられないままに復帰できるだろう。その復帰時にNEWSが活動休止していれば、より一層彼の復帰の話題性は低くなる。いつのまにか復帰、というベストな状況になるのではないだろうか。

メリット7 ジャニーズ事務所の責任回避

 私の基本的なスタンスは「事務所憎んでタレント憎まず」である。もちろん、タレントにも問題はあるだろう。しかし、特に若いタレントを扱うプロダクションというのは、彼らの教育や管理を徹底しなくてはいけない。だが、ジャニーズ事務所はその部分が大きく欠けているように思う。問題が起これば、全てタレントの責任として、事務所としてはなんのお詫びもしない。それは、今回も同様である。

 〔前略〕

 同グループについては、別の未成年メンバーが昨年、フジテレビの女性アナウンサーと飲酒した後に補導され、無期謹慎中。事務所では、「同じグループで二度も同じようなことが起こり、責任は重大」として、活動休止を決めた。

 〔後略〕

 「責任は重大」なのは、NEWSではなく、ジャニーズ事務所ではないのか。会社の社員が不祥事を起こしたら、その社員が悪かったですで終わらせられるだろうか。状況にもよるが、普通は、会社としての謝罪が行われ、代表者などが辞任する場合だってある。NEWSのメンバーの不祥事に対して責任を負うべきなのは、他のメンバーではなく、事務所であり、さらにその代表者、すなわち、ジャニー喜多川(喜多川擴)なのではないか。

 確かに、上で引用した、ジャニーズ側の発表の最後にはお詫びの言葉も述べられている。しかし、それは決まり文句のようなものでしかない。結局は、NEWSに責任を押し付けているのである。

 このような考え方が事務所の上層部にある限り、NEWSのメンバーは減り続けるかもしれない。本当にファンやタレントのことを大事だと考えているのなら、もっと違う対応ができるのではないだろうか。いいかげんに反省してもらいたいものである。

心機一転

 お久しぶりです。すっかり更新が途絶えていましたが、今日から2月ということで、出来るだけペースを保って更新していこうと心を入れ替えているところです。

 前クールのドラマに関しては、今さら感が拭えないので、どうしようか迷っていますが、記録として書いておこうかなと思っています。

 その他、いろいろと書きたいことはありますが、時機を逸したものは省略して、とりあえず、ジャニーズ関係のネタから始めることにしました。

 いつのまにか、11万アクセスを超えており、嬉しく思うと共に、更新してなくて申し訳ないなぁという気もしています。まあ、期待している方がいるのかは分かりませんが、でも書けば読んでいただけるようですし、今の感じで続けて行くつもりです。

 何はともあれ、これからもよろしくお願いします。そして、コメントも楽しみにしていますので、お気軽にどうぞ。

「NEWS」草野博紀、飲酒している「ふり」で活動自粛

 いやはや、また飲酒騒動とは忙しい。つい先日、KAT-TUNのCDデビューが大々的に発表されただけに、タイミングが悪いというか、良いというのか……。

 ジャニーズ事務所は1月31日、人気グループNEWSの17歳のメンバーBの芸能活動を当面自粛することを発表した。Bはこの日発売の月刊誌で飲酒したと報じられた。自粛期間は未定。

 同事務所によるとBは「飲酒はしていません」と否定しているが事務所側は「誤解を招く行動を起こした」として活動自粛の処分を下した。さらに「現在事実関係を鋭意調査中」とし、調査が終了した段階であらためて見解を示す。

 Bは今春から、自己推薦入試で合格した都内の有名私大に進学する予定。所属事務所関係者は「本人が飲酒していないと話していることもあって、現段階で進学への影響はなさそうです」と話している。

 飲酒騒動を報じた月刊誌によるとBは昨年秋、制服姿で女性と都内のカラオケボックスに入り、歌唱を楽しんだという。盗撮したと思われる映像には、テーブルの上のチューハイや発泡酒の缶などが写っている。Bが缶を口元に運ぶ場面も掲載されている。

 NEWSは昨年7月、ほかのメンバーAが飲酒により補導され、芸能活動の無期謹慎処分を受けている。Aの復帰時期は現在も未定のままだ。

 同事務所は多くの未成年タレントを抱えている。これまでも飲酒や喫煙が明らかになったタレントを解雇するなど、厳しい処分を下してきた。今回も本人は否定するもののタレントとしての自覚の欠如を重く見ている。「関係各位及びファンの皆さまには多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」と書面で謝罪している。

 私は、この写真が掲載された『BUBKA』等は見ていないが、ジャニーズの発表によれば、草野本人であることは間違いないということだ。上記記事中に出てくるAというのは、内博貴のことで、いまだ謹慎が続いている。そのような状況の中で、さらに飲酒問題が浮上するというのは、一体どういうことなのだろうか。事務所にも問題があるし、草野本人にも問題がある。同じグループのメンバーが謹慎しているというのに、何の自覚も反省もなかったということだろう。

法政大学合格取り消しの可能性

 内の場合は、ドラマ「がんばっていきまっしょい」の主要キャストとして出演していたため、周囲に与える影響が大きかった。だが、草野の場合は大学への進学が控えていたこともあり、ドラマの出演等はなかった。その点ではまだましだったと言える。ただ、自己推薦入試で法政大学に合格したとはいえ、今回の一件で合格取り消しになる可能性は高い。

 記事中には、「所属事務所関係者は「本人が飲酒していないと話していることもあって、現段階で進学への影響はなさそうです」と話している」とある。このコメントは詭弁のような印象を受けるが、かといって否定は出来ない。「現段階」ではまだ影響がないということ自体は事実だからだ。だが、どんなに「本人が飲酒をしていない」と主張したとしても、それはなんら意味のないことである。重要なのは、本人がどう言っているかではなく、事実がどうであるかということだ。

 もしも草野の飲酒が事実であれば、法政大学としても自己推薦で受け入れることは出来ないだろう。

有名私立大学とジャニーズの思惑

 最近、ジャニーズのタレントが有名私立大学への進学を決めることが増えている。「NEWS」のメンバーを見ても、山下智久・小山慶一郎が明治大学、加藤成亮が青山学院大学、手越祐也が早稲田大学、そして草野博紀が法政大学と、有名私立大学のオンパレードと言えよう(後者3人は進学予定)。これ以外にも、ジミーMackyが早稲田大学に合格したことも記憶に新しい。

 高校時代から芸能活動を続けているタレントは、大学に進学しない場合も多い。進学したとしても、いわゆる有名私立大学に合格するというとはまれで、偏差値の低い大学への進学がほとんどであった。堀越学園から亜細亜大学へという流れは昔から良く見られたような気がする(堀越学園や亜細亜大学を否定しているわけではありません)。だが最近は、上に挙げたように、有名私大への進学が目立つ。

 内部進学である加藤を除いて、彼らに共通しているのが、推薦やAOによる合格という点だ。かつて、早稲田大学に広末涼子が入学したことがあったが、あの時はいわゆる一芸入試であった。有名私大と言えども、少子化等により、経営が楽とはいえない状況である。そのため、どの大学も、受験生確保に躍起になっているのだ。大学の人気を上げるための一つの手段として、有名タレントを入学させるというのは、昔からある手法だが、特に近年、有名私大においてもその傾向が強くなっているのだろう。

 もちろん、いくら人気のあるタレントだからとは言っても、その大学に相応しくない人間を合格させるようなことはないはずだ。だから、彼らの実力も十分にあると考えて良いと思う。しかし、では一般入試を受けたら受かるかというと難しいのではないかと思う。つまり、一般入試で合格できるレベルより上の大学に合格することができ、ジャニーズ側にとってもメリットは大きい。双方にとっておいしい話なのである。

 これは別に悪いことではない。そもそも自己推薦やAO入試というのは、学力的には多少劣っていても、それ以外の点(運動や芸術、人間性など)で魅力的な面を持っている人物を入学させることが目的なのだから、タレントとして活躍している彼らを合格させるのは当然と言っても良いのだろうと思う。

 しかし、時には、今回の一件のように、合格させた後で何らかの問題が発生するということも十分に起こりうる。こうなった時に、大学側のイメージ低下は免れない。また、問題が起きなかったとしても、タレントを安易に入学させているという印象を一般の人々に与える可能性もある。事実、早稲田大学は広末涼子を入学させたおかげで、イメージが低下した。その点、慶応大学は確固としたブランド力を持った強さというか、安定感があるためか、タレントを推薦入学させることは見られない。

バッドニュースだらけの「NEWS」

 North(北)・East(東)・West(西)・South(南)の頭文字をとって名付けられた「NEWS」。当然、「ニュース、報道」の意味の「news」とかけたネーミングであろう。皮肉にも、後者のニュースが先行していしまい、文字通りニュースだらけ、それもバッドニュースだらけのグループになってしまった。森内貴寛・内博貴・草野博紀と、三人ものメンバーが問題を起こすとは、事務所側としても予想だにしなかった想定外のことだろう。

 もともと、このグループは状況や活動地域によってメンバー構成を変化させるという体制をもっている。私は、デビュー当時、ハロープロジェクトのシャッフルユニットを意識してこのような体制にしたのかと思っていた。だが、ふたを開けて見れば、メンバーの個人活動の状況に合わせて、忙しければグループ活動に参加しない場合もあるという感じでしかなかった。おそらく、結成当初から、メンバーのばら売りが想定されていたのだろう。山下や内、錦戸のように当時から人気が高かったメンバーの個人活動を制限しないための抜け道的な体制だったと考えられる。

 このように、特殊というか、臨機応変というか、都合の良いというか、そんな体制で始まったグループだが、森内が抜け、内・草野が謹慎という状況なると、流動的な体制というのもまた皮肉に感じられる。すでに、一部報道では「メンバーは7人」という、内の存在を無視したような書き方もされており、場合によっては、「NEWS」は6人になる可能性もある。

 錦戸はソロ活動も行い、山下はドラマに引っ張りだこであることから、「NEWS」崩壊という最悪のシナリオもありうるかもしれない。しかし、ジャニーズの方針では、完全なソロ活動は認めていないようなので、解散する可能性は非常に低いだろう。ただ、KAT-TUNのCDデビューにより、その存在感が薄まるということは十分に考えられるし、山下らのソロ活動(あるいは、修二と彰のようなグループ外の活動)に重きが置かれるということもあるのではないだろうか。

 「NEWS」のメンバー8人(内を含めて)の中で、大学進学は5人(草野を含めて)。ジャニーズきっての知性派グループということになるわけだが、同時に、最も問題を起こす率が高いグループとなってしまった。これまた、皮肉なことである。

飲酒している「ふり」で活動自粛

さて、話を飲酒問題に戻そう。

 〔前略〕

 31日発売の月刊誌「ブブカ」によると、未成年メンバーがカラオケボックスで、ファンらしき女性と2人で、制服姿のままチューハイ缶を手に取り乾杯。その缶を口にしたり、曲を熱唱する姿を巻頭で3ページにわたって写真で掲載している。この写真はビデオ映像から転写したとみられる。

 撮影日時は不明だが、制服が冬服で、少年が修二と彰の「青春アミーゴ」を熱唱していることから、同誌は「昨年10月から12月中旬ごろ」としている。

 所属事務所の事実確認に対して、少年は「口まで持っていったが、実際には飲んでいない」と、飲酒の事実を否定しているという。その上で同事務所は、この日の夕方、マスコミに向けたファクスで見解を発表した。

 それによると「本人に確認致しましたところ、飲酒の事実はないとのことですが、誤解を招く行動を起こしたことで、弊社においても現在、事実関係を鋭意調査するとともに、関係各位への影響を考え、当分の間、本人の芸能活動を自粛することを決定しました」としている。

 〔後略〕

 ジャニーズ側の発表によれば、草野は、缶チューハイで乾杯をし、それを口に持っていったものの、飲むふりだけで止めたということらしい。だから、飲酒はしていないが、紛らわしいことをしたから、活動を自粛させるとともに、事実関係を調査するそうだ。

 まず、この発表からいけば、草野の名前を伏せる必然性は微塵もない。にもかかわらず、私が見た限り、名前を出している報道は皆無だったし、法政大学という大学名さえも、有名私立大学などとして伏せられていた。報道側の自主規制だろうか。あたかも、飲酒が事実であるかのような自主規制っぷりに、正直、苦笑せざるを得ない。

 ジャニーズがすべき事実関係の調査は簡単である。写真のもとになったビデオ映像を見れば良いのだ。『BUBKA』はそのビデオを持っているのだろうと思うが、それを見た上で記事にしたはずだから、どう考えても草野の飲酒は事実であろう。証拠ビデオがあるにもかかわらず、口まで持っていっただけなどという稚拙極まりない言い訳をするとは、お粗末としか言いようがない。あるいは、本当に口に持っていっただけなどという、冗談みたいな事実があるのだろうか。

 なにはともあれ、飲酒をしているふりだけで自粛をするとはなかなか厳しい。裏を勘ぐりたくなるのは当然だろう。噂によれば、そのビデオの中で、草野はかなり横柄な態度をとっていたらしい。それが事実だとすれば、飲酒したかどうかという以前に、そういうおごり高ぶった、天狗状態になってしまったということの方が重大だと思う。20代前後の若手タレントが人気の上昇と共に陥りやすい穴である。以前、赤西仁と上原多香子の熱愛報道の際にも同じようなことを書いた。こういうタレントの意識を上手く制御するのが事務所の仕事であろう。タレントたちの未来のために、もっと気を引き締めてもらいたいものだ。

もう一つの見方

 ここで終わりにしても良いのだが、一応、ジャニーズ(草野)擁護的な見方も示しておこう。

 今回の一件、何と言っても大きいのはビデオの存在である。私は、『BUBKA』を見ていないが、ネット上で見つけた画像を見る限り、そのビデオの映像は、監視カメラのものではない。つまり、盗撮である。しかも、カメラの真正面に草野が映っている。そういうシーンを選んで掲載したのかもしれない。しかし、偶然隠しカメラがしかけられていたカラオケボックスに草野が来て、酒を飲む(ふりをする)などといううまい話があるだろうか。

 何が言いたいかというと、草野ははめられたのではないかということだ。誰によってかは分からない。だが、このようなうまい偶然の裏には、何らかの意図があるのではないかという気がするだけだ。根拠のない想像でしかないが、事前にセッティングされていたカラオケボックスに上手く連れ込まれた可能性もあると思う。だとしても、誘いに乗った草野自身に問題はあるだろうけど。

 本当に偶然かもしれないし、そうではないかもしれない。それは分からないが、少なくとも、ビデオがあることは事実である。たとえはめられたのだとしても、草野が悪くないということにはならない。多少、情状酌量の余地が見えてくるというぐらいだが、一応最後に書いておいたまでである。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14823
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
13086
上へ
下へ