') ?> シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

シバトラ 第8話

「勇気…予測不能の脱出!」

 相変わらず、重い物語が展開しているが、空回りしている印象が強い。

 竹虎(小池徹平)とリカ(末永遥)は芸能事務所の男たちによって、樹海に埋められてしまうが、いとも簡単に地上に出てきてしまう。まさに、裏で操っていた落合(橋爪遼)が言ったとおりで、殺してから埋めるとか、海に沈めるとか、もっと確実な方法をとるべきではないか。物語の展開上、二人が助からないといけないのは分かるが……

 子どもの頃のリカが母親(春木みさよ)にフォークを突きつけて以来、母親はリカを恐れ、無視し続けてきたという設定も、非常に浅薄な気がする。きっかけとしては考えられなくもないが、親子関係を元に戻す方法はいくらでもあっただろうに。そのため、本来であれば感動的であるはずの母娘の和解シーンでもカタルシスは得られなかった、作品にネタを詰め込みすぎた結果、それぞれが薄っぺらくなってしまったのではないだろうか。

 この作品の本当の物語は、落合と竹虎やさくら(真矢みき)の対決である。今回の終盤で、落合は竹虎に「本当の恐怖はこれからだよ」と言い放った。落合は何を企んでいるのか、落合がこれほどまでに力持っているのはなぜなのか、フィナーレに向けて動き出した物語最大の事件がどう描かれるのか期待したい。

 あまりしっかりと見ていないので、前回は気づかなかったが、へルタースケルターの副ヘッドで裏切りモノの五十嵐は桐山漣が演じてたのか。かわいらしい役が多かったような気がするが、悪役(?)も結構ハマってたなぁ。

pieces(10万枚生産限定盤)(DVD付)桐山漣 Humidity 83%
At 20:44 | コメント (8) | トラックバック (2) | 日本ドラマ
トラックバックURL

トラックバック

» シバトラ 第8話 from 一期一会で一喜一憂
とぼけないで!!あなたのせいでどれだけの人が犠牲になってると思ってるの? のっけから落合建夫(橋爪遼)に罵声を浴びせる宝生美月(大後寿々花)、気合入ってま... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年9月 6日 22:13

» 「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~」レビュー from ドラマレビュー トラックバックセンター
ドラマ「シバトラ ~童顔刑事・柴田竹虎~」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小池徹平、大後寿々花、塚地武雅、真矢みき、宮川大輔... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2008年9月 7日 07:06

コメント
1. ちょぴん さん : 2008年9月 6日 22:16

トラックバック&コメントありがとうございました。
藤木小次郎や千葉さくらの動きがだんだん落合に近づいてきて面白くなってきました。
最近のマイブームは、白豚のファッションチェックだったりします。

パープル系できれいなブログですね。うちもMovableTypeなのでまた参考にさせてください。

2. longchamp Foulard Occasion - Très bon état さん : 2014年5月19日 19:13

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

3. louboutin soldes さん : 2014年5月24日 19:35

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

4. hotel saint francois longchamp さん : 2014年5月25日 22:01

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

5. hotel saint francois longchamp さん : 2014年5月29日 15:30

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

6. longchamp homme さん : 2014年5月29日 22:35

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

7. basket nike femme さん : 2014年5月31日 14:48

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

8. lunettes ray ban pas cher さん : 2014年5月31日 23:37

シバトラ 第8話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 12780
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ