') ?> 2007年1月 の記事一覧 < 双条光華のエンタメ一刀両断!
The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
1) $paginate_current_page = 1; $paginate_sections = array( 0 , 5); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 5; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>

仮面ライダーカブト 最終回

仮面ライダーカブト VOL.1

仮面ライダーカブト

2006/01/29~2007/01/21
テレビ朝日 毎週朝8時
【キャスト】水嶋ヒロ、佐藤祐基、里中唯、徳山秀典、内山眞人、加藤和樹、山本裕典、ほか

 最近のドラマは、次の放送が楽しみ!というものがなく、平均的にレベルが落ちているような気がします。それでも、いろいろ見ちゃうんですけどね。

 そんな中で、この「仮面ライダーカブト」は毎回楽しみにしていた数少ない作品の一つ。いつもいつも、いいところで終わりが来て、次に誘導するという、ドラマ本来のひっぱり具合が上手い作品でした。最近のドラマは、一話完結の短篇連作的なものが多く、新聞小説的に視聴者を引きつけるものは少ないですね。それぞれに魅力があると思うので、一概にどちらがいいとは言えませんが。

 で、カブトですが、この作品は子どもが見て分かるのか、という疑問を抱かずにはいられないほどに入り組んだ設定でした。と言いつつも、子どもは単純にライダーたちの戦闘シーンがあれば、細かいストーリーまで気にしないだろうという気もします。とにかく、敵だか味方だか分からなかったり、ライダーが大量に登場したり、空間の歪みで違う世界に行ったり、同じ人物が複数現れたり……私でも、細かい部分の設定や背景などはつかめていないぐらいに難解です。

 もちろん、どんでん返しや裏切りが毎週のように展開されるからこそ面白いので、その複雑さが一番の魅力のようにも思います。全体を通してみても、プロット的に納得のいかない点はそれほどみられなかったので、しっかりした脚本だったと言えそうです。

 ちなみに、劇場版「GOD SPEED LOVE」の方は、本編の上をいく複雑さで、劇場版を見ただけでは理解不能なのでは?という気がします。おそらく、本編とは別の時間軸で起こった状況を描いた作品なのだと思うのですが、登場人物も同じなので(当然なのですが)、終盤になるまで、なにがなんだか分からない感じでした。まあ、シカケが分かった時は、スッキリして気持ちいいんですけどね。ついでに、もう一度最初から見たくなるし。うまいな(笑)

天の道を往く者たち 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE メイキング『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』公式インタビュー&ストーリーブック 『絆』

 ドラマの方に話を戻すと、最後の2話の展開の早さには無理矢理の印象を受けました。ネタバレになるので、詳しくは書きませんが、それまでの展開のスピードと比べて、突然の急展開となるため、当然、描ききれていない部分もありました。最終回の前の回を見た段階では、次が最終回とは思いもしませんでしたからね。結末部分にもう少し余裕を持たせてくれると良かったかな。

 一応、キャストについても触れておきます。全体的に演技力のあるキャストが揃っていて良かったです。
 主役の天道総司(カブト)役は水嶋ヒロ。知的な感じが良く合っていました。後半で、一人二役になったときの声の使い分けがなかなか良かったですね。研音所属ということで、今後も順調な活躍が期待できそう。
 加賀美新(ガタック)役の佐藤祐基はがむしゃら熱血な雰囲気をいい感じに演じてました。天道との対照性が上手くでていたと思います。ナベプロ系のトップコート所属なので、こちらも露出度が増えてくる可能性大。
 今後の期待度では、神代剣(サソード)役の山本裕典が一番のような気がします。所属しているエヴァーグリーン・エンタテイメントは初めて聞いたのですが、他の所属タレント(委託も含む)を見ると、バーニング系列のようです。だから、レオパレスのCMで藤原紀香と共演(?)してるのか。カブトを見ている限りでは、演技も悪くなさそうだし(コミカルで良かった!)、水嶋ヒロ以上に露出が増えるかもしれません。

仮面ライダーカブト ヴィジュアルガイドブック CAST OFF仮面ライダーカブト CLOCK UP

 この三人以外にも、矢車想(ザビー、キックホッパー)役の徳山秀典や影山瞬(パンチホッパー)役の内山眞人、風間大介(ドレイク)役の加藤和樹など、男性陣は充実しています。というか、ライダーを大量に出したのは、若手俳優をたくさん出演させて女性ファンを獲得するのが目的なのでは?という気もしてしまいます。
 一方の女性陣ですが、日下部ひより役の里中唯や天道樹花役の奥村夏未、岬祐月役の永田杏奈に高鳥蓮華役の手嶋ゆかなど、こちらも充実しています。ただ、最近の特撮ものは男性俳優の方に力を入れる傾向があり、今回も、男性よりのキャストという感じがします。個人的には、里中唯なんか良いと思うのですが、所属しているユニオン・プロダクションがどのぐらいのプロダクションか分からないので、今後については未知数です。

 長くなりましたが、カブトはオススメ出来る作品だと思います。時間があったら、DVDでまた最初から見ると、もっと深くつかめて、面白いだろうなぁと思いますが、なかなか時間が......。複雑なので、DVDの方がじっくり見られていいかもしれないですね。一息つく間もなく、来週からは、新作「仮面ライダー電王」が始まるのですが、個人的にはイマイチ期待できない気がします。見ますけどね。

仮面ライダーカブト VOL.1 最強の二段変身~キャストオフ仮面ライダーカブト特写写真集
At 00:18 | コメント (421) | トラックバック (0) | 日本ドラマ

Priea(プリア) - 無料写真プリントサービス

 最近は、無料のサービスが増えていて、なんともうれしいかぎりです。そんな中で登場したのが、この無料プリントサービス「Priea」。ユーザー登録すれば、月60枚(1回30枚までを2回)まで無料でプリントして送ってくれます。もちろん、広告付ですけどね。

 ということで、早速利用してみました。広告のタイプは2種類あって、上の画像の右がハーフタイプで、左がロゴタイプです。ロゴタイプは、左下に小さくつくだけなので、全部こっちを選びたいところですが、そうは問屋が卸さない。必ず、2タイプをセットで選ぶことになります(たとえば、30枚プリントすると15枚ずつになる)。
 ちなみに、複数の企業の広告があり、好きなものを選べるようになっています。自動にもできますが、細かく設定すれば、どの写真にどの企業のどちらのタイプの広告をつけるかが決められます。

 肝心の画質はというと、銀塩式でのプリントなので、とてもきれいです。ちなみに、記録紙はコニカミノルタのものでした。無料といえども、品質には手を抜いていないようです。

 友人に送ったりということも出来るので、ちょっとしたスナップ写真のプレゼントなんかには最適かと。保存用には、広告部分を切ってしまうという手もありますね。ハーフタイプなら、半分に切ればいいので、ミニサイズの写真がほしい時には、結構便利かも。ロゴタイプの場合は、サイズが中途半端になりますけどね。

タグ:
At 23:37 | コメント (174) | トラックバック (0) | サービス

ちびっこチョロQ マメデジ

 赤外線コントロールのチョロQというと、今はキューステア(Q-STEER)がメインになっています。私も買おうと思いつつ、気に入ったデザインのものがなかったので、まだ保留中。
 そんな矢先に、通りすがりのリサイクルショップでこのマメデジを見つけたので、衝動買いしてしまいました。210円なら、キューステアの5分の1ぐらいだしね。(定価は630円とのこと)

 キューステアに比べると、コントロールが前進(直進)と後進(バックターン)しかないので、多少物足りない感じもします。でも、コントローラーが収納ケースになってたりして、カワイイ感じだし、210円なら安い!とりあえず、5種類あるうちの「NO.3 FAIRLADY Z サンセットオレンジ」を買いましたが、他のも買っちゃおうかな。

Qステア QSS03 インプレッサWRXスターターセット (A/B) Qステア QSS05 RX-8スターターセット (C/D)
タグ:
At 23:10 | コメント (296) | トラックバック (0) | おもちゃ

散財事始め

 年が明けてだいぶ時間がたちましたが、今日からブログを書き始めようと思います。

 2005年の5月に始めたブログは2006年の1月で力尽き、更新が止まってしまいました。それから一年。心機一転ということで、ドメインも取得し、再開します。

 と言っても、今回は「散財」を中心的なテーマにしつつ書いていくつもりなので、以前のブログの中心だったドラマ・芸能ネタは少なくなるだろうと思います。芸能ネタは集客力があるので、旧ブログのカウンタは現在24万を記録しています(現在も「はてなダイアリー」に放置中)。今回はなかなかアクセスが増えないだろうなぁ。

 自分勝手なペースで更新していきますので、よろしくお願いします!!

At 23:12 | コメント (0) | トラックバック (0) | その他

更新終了のお知らせ

いつの間にか、前回の更新日から一年も経ってしまった。

今年からはNEWSの活動も再開ということで、それに合わせるわけではないが、ブログも新天地で再開することにした。

再開と言っても、今度は芸能ネタ中心にはしない予定なのだが。

ということで、ブログの方向性は変わるが、これからもぜひぜひよろしくお願いします!!

新ブログ:

「散財道中膝栗毛」http://blog.sojokoka.com/

At 14:26 | コメント (0) | トラックバック (0) | その他
ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14820
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ