') ?> 『小説 名探偵コナン[甲州埋蔵金伝説]』谷豊 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

『小説 名探偵コナン[甲州埋蔵金伝説]』谷豊

小説 名探偵コナン[甲州埋蔵金伝説]

小説 名探偵コナン
[甲州埋蔵金伝説]

谷豊
原作・青山剛昌
小学館 (2005/05/15)
720円(税込)

 コナンと少年探偵団のメンバーたちは阿笠博士と一緒に、夏休みのキャンプを楽しんだ。だが、その帰り道、道に迷ってしまう。その上、博士愛用のビートルはガス欠に。途方にくれた彼らは偶然通りかかった車に乗せてもらい、とある温泉旅館へとたどり着く。そこで、武田信玄の埋蔵金をめぐる事件に巻き込まれていくのだった。

 著者は売れっ子漫画家の青山剛昌率いる「剛昌プロダクション」のアシスタントを務めている人物。小説を書くのは本作が初めてということだが、初めてとは思えないくらいにこなれた文章で、すっきりと読むことができる。

 『名探偵コナン』シリーズといえば、大ベストセラーであり、キャラクターたちの特徴は漫画などですでに形作られている。それゆえ、ストーリーや構成に集中できるという利点があるのかもしれない。本作では、キャラクターたちの個性を存分に生かすことで、とても魅力的な物語を構成している。

 物語の中心は、武田信玄の埋蔵金をめぐる謎。秘宝のありかを示した暗号は解読できるのか。そして、謎の二人組みに誘拐されてしまった歩美と哀を救うことはできるのか。暗号もそれなりにしっかりと作られているが、それ以上に、サスペンスに満ちた展開が楽しい。読みやすさとあいまって、一気に読んでしまうこと請け合いの佳作である。

At 23:53 | コメント (1) | トラックバック (0) | ミステリ
トラックバックURL

コメント
1. noriB さん : 2007年3月15日 00:58

小説で読むコナン!いいでうねい!それも 原作者にとても近い人が書いている、、読んでいるうちにヴィジュアライズされそうで、、!これは 次回 日本へ寄った時に是非 手に入れたいと思いました。ありがとう!(それから 女子大生会計士、、も買うつもりでつ!)xx

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 13670
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ