') ?> 『楽園のつくりかた』笹生陽子 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

『楽園のつくりかた』笹生陽子

楽園のつくりかた

楽園のつくりかた

笹生陽子
角川文庫 (2005/06/25)
420円(税込)

 星野優はエリート中学生だ。成績優秀、頭脳明晰、パソコンも使いこなすし、人生設計も組み立て済み。そんな優は母親の一言でド田舎へ引っ越すことになった。優を待っていたのは、自然以外に何もない風景とボケ始めているおじいちゃん、そしてたった3人のクラスメートだった。

 非常にスマートなプロットで、寸分の無駄もない。巧みに配置された様々な要素が絶妙に絡まりあいながら一つの物語を紡ぎだしていく過程は見事だ。エリートとしての強い自負を抱きつつも、ド田舎で出会う出来事のなかで揺れ動く心の様子が、主人公自身の語りによって表現される。その語り口は軽妙で、時に愉快でありながらも、時に切なく、時に痛々しい。児童文学としての読みやすさを備えつつも、読みやすいだけでは終わらずに、それぞれの言葉が自生しているかのようだ。

 プロットに関しては、大変理知的に練られており、ミステリ小説のような驚きを与えてくれる。それらをここに書き連ねるなどという野暮なことは出来ないので、ぜひとも読んで、その驚きを感じて欲しい。

 笹生陽子は、周囲の人たちに溶け込もうとしない主人公を描くことが多いように思う。本作の主人公、星野優もそうだ。常に周囲を見下している彼は、他人を利用する時には利用するが、邪魔な時には無視する。もちろん、あからさまな態度を見せることはない。それでこそのエリートだ。だが、そんなエリート意識も田舎の生活の中で、徐々に崩れてゆく。その崩壊と共に、彼の心には新しい何かが芽吹き始めるのである。

 著者の十八番とも言える人物設定からくる作品の安定感。そこで描かれる主人公の心の不安定さとその成長。そして、効果的に配置された人物や小道具の数々。さらに、大胆かつ巧みな仕掛け。それらが渾然一体となった本作が傑作でないはずがない。「児童文学なんて」と食わず嫌いを言っていないで、素直に読んでみることをおすすめします。きっと、大好物になることでしょう。

At 23:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | 児童文学
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 315
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ