') ?> 2005年12月 の記事一覧 < 双条光華のエンタメ一刀両断!
The MTPaginate tag only works within PHP documents!
Make sure that the document extension is .php and that your server supports PHP documents.
2) $paginate_current_page = 2; $paginate_sections = array( 0 , 5, 7); $paginate_top_section = $paginate_sections[$paginate_current_page-1]+1; $paginate_bottom_section = $paginate_sections[$paginate_current_page]; } else { $paginate_top_section = 1; $paginate_bottom_section = 7; } if(isset($_SERVER['QUERY_STRING'])) { $paginate_self = '&' . $_SERVER['QUERY_STRING'] . '&'; $paginate_self = preg_replace("/&page=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = preg_replace("/&page_section=[^&]*&/", "&", $paginate_self); $paginate_self = substr($paginate_self, 1, strlen($paginate_self) - 1); if($paginate_self == '&') $paginate_self = ''; else $paginate_self = htmlentities($paginate_self); } else { $paginate_self = ''; } $paginate_self = basename($_SERVER['PHP_SELF']) . "?${paginate_self}page"; ?>

『ふたりのシンデレラ』鯨統一郎

ふたりのシンデレラ

ふたりのシンデレラ

鯨統一郎
光文社文庫 (2005/09/20)
620円(税込)

 劇団<O-RO-CHI>は「ふたりのシンデレラ」の上演に向けた合宿中だった。そこで、起こった火災によって、事件は幕を開ける。証人、犯人、犠牲者、探偵役、ワトソン役、記録者、容疑者、共犯者という一人八役の「わたし」。その「わたし」が語る物語にはどんな結末が待ち受けているのだろうか……

 ミステリ界の問題児、鯨統一郎が挑戦した、一人八役という超難題。その発想は面白いし、文章自体も読みやすい。序盤で登場人物のデータ表を提示しているところはフェアだと言えよう。

 しかし、どう考えても、一人八役というのは無理がある。真相を明かされても、八役であるとは納得し難い。そうだと言われれば否定はできないが、こじつけだと言うそしりを受けても仕方ないだろう。ネタバレになるので詳細には書けないが、一人八役であることを説明する際に、すり替えが行われているのである。

 また、トリック自体も質が高いとは言えず、標準作程度の出来であろう。解説では、著者が「ストーカー」などの社会問題をいち早く作中に取り入れたことを称えているが、これは、作品の中心であるトリックがイマイチだったための苦肉の策なのではないかと思ってしまう。

 鯨統一郎の文章というのは、確かに読みやすい場合が多いのだが、その読みやすさは、深みがないからであり、上滑りしているような文章なのである。だから、決して文章が巧いとは言えない。しかし、それでも一定の人気を保っているのは、氏のミステリに対する深い愛情と、新奇なことに挑戦するチャレンジ精神の旺盛さゆえなのだろうと思う。本作も鯨作品のそういう特徴が強く表れているため、読者によって好き嫌いが別れることだろう。そのため、積極的にはお勧めしないが、一度味わってみても良いかもしれない。

At 23:55 | コメント (31) | トラックバック (0) | ミステリ

『小説 名探偵コナン[甲州埋蔵金伝説]』谷豊

小説 名探偵コナン[甲州埋蔵金伝説]

小説 名探偵コナン
[甲州埋蔵金伝説]

谷豊
原作・青山剛昌
小学館 (2005/05/15)
720円(税込)

 コナンと少年探偵団のメンバーたちは阿笠博士と一緒に、夏休みのキャンプを楽しんだ。だが、その帰り道、道に迷ってしまう。その上、博士愛用のビートルはガス欠に。途方にくれた彼らは偶然通りかかった車に乗せてもらい、とある温泉旅館へとたどり着く。そこで、武田信玄の埋蔵金をめぐる事件に巻き込まれていくのだった。

 著者は売れっ子漫画家の青山剛昌率いる「剛昌プロダクション」のアシスタントを務めている人物。小説を書くのは本作が初めてということだが、初めてとは思えないくらいにこなれた文章で、すっきりと読むことができる。

 『名探偵コナン』シリーズといえば、大ベストセラーであり、キャラクターたちの特徴は漫画などですでに形作られている。それゆえ、ストーリーや構成に集中できるという利点があるのかもしれない。本作では、キャラクターたちの個性を存分に生かすことで、とても魅力的な物語を構成している。

 物語の中心は、武田信玄の埋蔵金をめぐる謎。秘宝のありかを示した暗号は解読できるのか。そして、謎の二人組みに誘拐されてしまった歩美と哀を救うことはできるのか。暗号もそれなりにしっかりと作られているが、それ以上に、サスペンスに満ちた展開が楽しい。読みやすさとあいまって、一気に読んでしまうこと請け合いの佳作である。

At 23:53 | コメント (1) | トラックバック (0) | ミステリ

『女子大生会計士の事件簿 DX.1 ベンチャーの王子様』山田真哉

女子大生会計士の事件簿 DX.1 ベンチャーの王子様

女子大生会計士の事件簿
DX.1 ベンチャーの王子様

山田真哉
角川文庫 (2004/10/25)
500円(税込)

 かわいいけれどなかなかキツイ女子大生会計士、萌さんこと藤原萌実と入所一年目の新米会計士補、カッキーこと柿本一麻の愉快なコンビが遭遇する事件の数々。バラエティ豊かな謎も萌のひらめきと、カッキーの地道な努力によって次々に解決されていく。そんな二人のコミカルなやりとりの中にも、事件を解く鍵が隠れている!?

 会計監査ってこんなに面白いのか?そう思わずにはいられないほどに楽しい。会計用語や会計の仕組みを分かりやすく説明するために設定された謎が、どれもみな個性的で愉快なのだ。

 たしかに、小説としての深みはそれほど感じられないかもしれない。しかし、文章も巧いし、構成も抜群。特に伏線の張り方が素晴らしく、短篇のお手本と言っても過言ではない。公認会計士が片手間に書いたなどと切り捨ててしまうことなど出来ないくらいに、魅力あふれる作品だ。

 キャラクターの造形も見事で、そのやりとりを読んでいるだけでも楽しい。萌さんとカッキーの掛け合いはテンポの良い漫才みたいだ。しかも、その掛け合い漫才の中に、しっかりと伏線が埋め込まれているのだからすごい。

 この作品の一番の魅力は、その伏線の妙ではないだろうか。会計用語などを分かりやすく学べるというのも嬉しいが、とてもきれいな伏線を味わえるのもまた嬉しい。小説としての構造も非常に分かりやすく作られているので、あまり小説を読まない人でも、伏線をしっかりと味わえることだろう。

 ビジネス書であり、実用書であり、入門書でも、参考書でも、そして小説でもあるという盛りだくさんの一冊である。それだけに、読む目的も人さまざまだろうが、どんな目的で読んでも損することのない作品であることは間違いない。

At 22:32 | コメント (0) | トラックバック (0) | その他の小説

『ウィーツィ・バット』フランチェスカ・リア・ブロック

ウィーツィ・バット

ウィーツィ・バット

フランチェスカ・リア・ブロック
金原瑞人・小川美紀 訳
創元コンテンポラリ (2002/07/26)
504円(税込)

 おしゃれな少女、ウィーツィ・バットとカッコいい少年、ダーク。お似合いのカップルが誕生したかと思ったら、ダークがゲイだと告白した。だから二人は恋人ではなくて、友人。しかも、一緒に「理想の恋人」を探すほどの親友。二人はいいオトコをゲットするために、右往左往の毎日を送るのだった。

 全米で大反響を読んだヤングアダルト小説ということで、読んでみたのだが、スタイリッシュで、ポップで、おかしかったり、ジーンときたり、評判どおりの傑作だった。

 翻訳の巧さもあるのだろうが、とにかくテンポが良くて読みやすい。そして、登場人物たちがみな生き生きしている。かといって、ただ読みやすいだけでは終わらないところがすごい。言葉遊びで笑わせてくれたり、ファンタスティックな描写で不思議な感覚を与えてくれたり、ウィーツィたちの言動に泣かされたり……

 読んでいるうちに、心地よい浮遊感を感じる。なんだか分からないけど、なんだか幸せな気持ちになってしまう。どこまでが現実で、どこからが空想なのか分からない。でも、そんなことはどうでも良い。きっぱり分けることができないのが、この作品の魅力なのだ。そして、それはまた、現代社会の魅力でもあるのかもしれない。ヤングアダルトとして単純にくくってしまうにはもったいないほど、実のびっしりと詰まった作品と言えるだろう。

At 01:13 | コメント (0) | トラックバック (0) | 児童文学

『楽園のつくりかた』笹生陽子

楽園のつくりかた

楽園のつくりかた

笹生陽子
角川文庫 (2005/06/25)
420円(税込)

 星野優はエリート中学生だ。成績優秀、頭脳明晰、パソコンも使いこなすし、人生設計も組み立て済み。そんな優は母親の一言でド田舎へ引っ越すことになった。優を待っていたのは、自然以外に何もない風景とボケ始めているおじいちゃん、そしてたった3人のクラスメートだった。

 非常にスマートなプロットで、寸分の無駄もない。巧みに配置された様々な要素が絶妙に絡まりあいながら一つの物語を紡ぎだしていく過程は見事だ。エリートとしての強い自負を抱きつつも、ド田舎で出会う出来事のなかで揺れ動く心の様子が、主人公自身の語りによって表現される。その語り口は軽妙で、時に愉快でありながらも、時に切なく、時に痛々しい。児童文学としての読みやすさを備えつつも、読みやすいだけでは終わらずに、それぞれの言葉が自生しているかのようだ。

 プロットに関しては、大変理知的に練られており、ミステリ小説のような驚きを与えてくれる。それらをここに書き連ねるなどという野暮なことは出来ないので、ぜひとも読んで、その驚きを感じて欲しい。

 笹生陽子は、周囲の人たちに溶け込もうとしない主人公を描くことが多いように思う。本作の主人公、星野優もそうだ。常に周囲を見下している彼は、他人を利用する時には利用するが、邪魔な時には無視する。もちろん、あからさまな態度を見せることはない。それでこそのエリートだ。だが、そんなエリート意識も田舎の生活の中で、徐々に崩れてゆく。その崩壊と共に、彼の心には新しい何かが芽吹き始めるのである。

 著者の十八番とも言える人物設定からくる作品の安定感。そこで描かれる主人公の心の不安定さとその成長。そして、効果的に配置された人物や小道具の数々。さらに、大胆かつ巧みな仕掛け。それらが渾然一体となった本作が傑作でないはずがない。「児童文学なんて」と食わず嫌いを言っていないで、素直に読んでみることをおすすめします。きっと、大好物になることでしょう。

At 23:59 | コメント (0) | トラックバック (0) | 児童文学

落合扶樹トーク&握手会+「蒼のシテン」上映会レポ

 私が今一番注目している俳優を挙げるとすれば、それは間違いなく落合扶樹である。

 と、まあ、こういう硬い文体で書きはじめると、ついつい厳しい内容になってしまうので、今回はふにゃらかと書くことにします。敬称略も解除にしましょう。

 あらためて。

 私は最近、落合扶樹くんに注目しています。なんてことを言いながらも、実際には彼の出演作をあまり見ていません。「楽園のつくりかた」と「Pinkの遺伝子」ぐらいかな。二つの作品は毛色が全くと言って良いほど異なりますが(ストーリー等の詳細は省略します)、そのどちらにおいても、彼が演じた役は何かしらの葛藤を抱いた(あるいは、抱くことになる)少年です。これは当然と言えば当然のことで、物語の中心に中学生を据える場合、その年代特有の「悩み」や「成長」を描こうとするものです。。もちろん、これは中学生に限ったことではなく、物語の多くが「悩み」「成長」「恋愛」などの共通した要素の組み合わせで成り立っています。この話を続けていくと長くなりそうなので、バサッと切り上げますが、物語って大きなパーツ自体はそれほど大差ないんですよね。

 で、落合くんの話に戻りますが、彼は「悩み」を表現するのがとても巧い役者だと思っています。「悩み」すなわち「心の葛藤」を描く場合、小説であれば、それを文字にすれば良いのですが、演技の場合はそうもいきません。もちろん、モノローグという手はありますが、それは抜け道のようなもので、あまり多用されると空々しさを感じさせてしまいます(効果的なモノローグもあるので、モノローグ自体が悪いというわけではありませんが、不自然な印象を与える場合も多いように思います)。

 また横道にそれてしまいましたが、落合君は「心の葛藤」を表情で伝えてくれます。文字化・音声化せずに伝える技術というのは役者にとって欠かすことの出来ないものだと思いますが、それをしっかりと身に付けているという印象を受けるので、彼に注目しているのです。あの憂いある表情は本当に魅力的です。声も良いですしね。

 というのが前置きです。落合くんをご存じない方もいるだろうと思ったので書いたのですが、長いですね。反省。

 さて、この記事の本題は、本日行われた「スマイルモンキーファン感謝DAY 第2部:落合扶樹トーク&握手会+「蒼のシテン」上映会」というイベントについて書くことです。私がこのイベントを知ったのは昨日。都合をつけて、急遽参加してきました。まさに滑り込みセーフ。東京在住ゆえになせる業です。

 本当はイベントレポを書くつもりはなかったのですが、公式サイトの掲示板などを見ると、遠くて来られない方や、雪の影響で来られない方、体調を崩して来られない方など、残念な思いをされている方がたくさんいらっしゃるようなので、そのような方々に少しでも雰囲気が伝えられればと思い、書くことにしました。

 とはいっても、そのつもりでいなかったので、メモもとっていませんし、ビデオ撮影・音声録音などもしていません。なにせ、カメラさえ忘れて、写真撮影の時間を虚しく過ごしたぐらいですから(どなたか、撮った写真を送ってください......)。そのため、細部までは書けませんし、間違いもあるかもしれません(そして、無駄が多いです)。大まかな流れと雰囲気ということでご了承ください(教えていただければ、加筆修正いたします)。

 書き方はについてはそれなりに悩みましたが、とりあえずおふざけはやめて、ちゃんと書きますので(※注:「ちゃんと」には個人差があります)、感想などお聞かせいただけると嬉しいです(読んで不快になるということはないと思いますが、もしそのような気持ちを抱かれたら申し訳ありません)。第二の前置きも長くなりましたが、本題のイベントリポへと移ります。

★★★★★

 「寒波吹き荒れる」そんな見出しが新聞を支配した日。吹き荒れる寒波を吹き飛ばすほどの熱気が吹き出てくる場所があった。活火山の火口。それもそうかもしれない。でも、ほかにもあった。東京都新宿区市谷本村町、「市区町村」が揃った住所、防衛庁がある住所、日本の中で最も安全な気がする場所、でもテロの標的になりやすいであろう場所、まさにその防衛庁の目の前、そこにあるビルの地下、そのライブハウスから、あのマグマは吹き出していたのだ。

 何と大げさな書き出しだろう。でも、それを認めさせるぐらいの熱気は確かに存在した。日曜日の市ヶ谷は人通りが少なく、刺すような寒風は肌ばかりでなく心にまで突き刺さるかのようだ。だが、そんな寒さをものともせず、イベントの開場を待つ人々は心を弾ませていた。映像でしか見たことのない、憧れの落合扶樹くんに会えるという喜びが胸を満たしていたからである。

 開場が近づくと共に、徐々に人数が増えてきた。5、60人にもなるだろうか。落合くんと同年代の女性たちが多いが、小さい子を抱えたお母さんや、落合くんのお母さん世代の方、さらには男性の姿も散見され、年代・性別を問わぬファン層の厚さが感じられる。

 そして、開場。ドリンク付1500円という非常に良心的な価格を設定して下さった、スマイルモンキーのスタッフの方々の視線に見守られつつ、順に入場するファンたち。その手には、整理券とドリンク券、そしてなぜか折り紙が強く握り締められていた。

 前から順番に席が埋まってゆく。席に荷物を置くと、財布を片手に物販コーナーへと集まった。イベント限定販売の「落合扶樹 Private DVD」を購入しているのである。そのDVDは一枚一枚直筆のサインが書かれているというファン垂涎の一品だ。

 そうこうしているうちに、人の動きも落ち着き、いまかいまかと開演を待ち受ける臨戦態勢へと変化した。ある種の緊張状態がその場に渦巻き、静寂が生まれる。と、その静寂を破る声が!司会の登場である。司会の方のちょっとしたトークで雰囲気が暖かくなり、そして、「蒼のシテン」の上映が始まった。富山だけで放送されたこの1時間ドラマの主演は、もちろん落合くんだ。ファンたちはみな、身動き一つせず真剣にスクリーンを見つめている。スクリーンが微妙に揺れていたのは、見つめられたスクリーンが恥ずかしがって身をよじっていたのだろうか。だとしたらこう言いたい。「スクリーンくん、みんなは君を見ているんじゃないんだよ。君に映った落合くんを見ているのだよ」

 上映終了と共に、微妙な拍手が起こる。拍手のタイミングというのは難しい。そんな拍手で居場所を失ったかのようにスクリーンが上がっていき、ステージには椅子が用意された。落合くん本人の登場である。

 響き渡る拍手を身にまといながら登場した落合くんは、一言で言えば「細長い」。「すらっと」という擬態語は彼のためにあるのではないかというぐらいに「すらっと」した体型で、おしゃれ。カッコイイという形容詞を映像化したら、まさにこんな感じだろう。感嘆のためいきが聞こえてきたのも当然である。

 そしてトークタイムが始まった。司会者と落合くんによるライブ感たっぷりのトークに誰もが魅了されていた。撮影における苦労話やプライベートにおける苦労話(原宿での災難?)から、服の話まで、途中に微妙な間を挟みながらの魅力あふれるトークにファンたちの笑顔は絶えなかった。

 続いては質問タイムだ。落合くんが番号を引き、同じ番号の整理券を持っている人が直接質問できるという抽選型質問タイムである。スポーツやギター、スポーツの話では饒舌だった落合くんも勉強の話になると(以下略)

 幸運な4人が質問した後は、新たな質問タイムとなった。今度は、入場時に配られた折り紙に質問を書き、それを落合くんに向けて投げ(つけ)て、彼に拾われた質問が読まれるというものである。会場中から、丸められたり、たたまれたり、鶴を折りかけたりした折り紙が投げつけられる様子はまさに「帰れ!と言われている感じ」(落合くん談)であった。そんな不思議な状況の中、3つの質問が落合くん自身によって読み上げられた。

 「子供に付けたい名前は?」という奇抜な質問を弟の珍しい名前を紹介することで華麗にすり抜けた落合くんを襲ったのは続く2つの質問であった。「彼女はいますか?」というど真ん中ストレートの直球にたじろぎつつも、「募集中です」との答えを返した。これがホームランだったかゴロだったかは知らないが、「昔の中島美嘉さん」のような女性が好きということであった(ちなみに、最初のトークタイムでは「口説き方」の話も披露)。

 次に釣り上げられたのは「この質問ヤだ!」と言って読み上げるのを躊躇したほどの大物。「カラオケで歌う得意な歌を歌って下さい」というものである。その場では歌ってくれなかったが、ロックを歌うということであった。

 こうして、質問タイムは終了した。落合くん自身が自分は「天然」であり「ナチュラル」(?)であると発言するなど、いろいろと楽しい質問タイムだった。なお、質問が取り上げられた方々には、来年、「落合扶樹直筆年賀状」が届くということで、当たった方々はとても嬉しそうだった。ちなみに、それが「お年玉付き年賀はがき」の抽選に当たる確率が高くなるからという嬉しさでないことは自明である。

 そして、撮影タイムが訪れる。上品なファンばかりで、場が紛糾することもなく、みんな落合くんをファインダーに写し込むことに成功した様子だった。そこで使われたカメラがデジカメや携帯であったことに時代の変化を感じた人などいなかったことだろう。それぐらいに熱中していた。

 5分程度の撮影タイムも無事終わり、ステージ上での企画は終了。次いで物販コーナーでツーショットポラの撮影が行われた。落合くんと並び、ポーズを決めてのポラロイド撮影は素晴らしい記念になることだろう。その際にプレゼントを渡したり、ちょこっと話をしたり、そして握手をしたりとそれぞれが夢のようなひと時を満喫していた。「熱は温かい方から冷たい方へと流れるから、自分の手が冷たければ、落合くんの熱を受け取ることができる!」などというおかしな計算をした人はいないだろうが、彼の手の暖かさはそれぞれのファンの心にまで到達したに違いない。

 その撮影が終わったところで、落合くんが一言のあいさつをして退場した。ファンたちも三々五々に会場を去り、イベントは幕を閉じた。その間約二時間。あっという間の二時間だった。遠く北海道からいらした方もいたが、みな充実したその二時間を胸に、帰路へとついたことだろう。刺すような寒さを感じなくなるくらいに暖かい時間を過ごせたのだから。

At 03:29 | コメント (0) | トラックバック (0) | 男性アイドル&俳優

近況など

 恐ろしい……

 何がって。前回書いてからもう1ヶ月も経っているとは。自分の中ではまだそれほど経っていないと思っていたのですが、本当に時間はあっという間に過ぎ去って行きますね。

 いろいろと忙しかったりして、サイトもブログも更新していませんでしたが、また再開していこうと思います。特にサイトの方は『写楽百面相』(文春文庫)の発売もありましたし。

 さて、最近は草野唯雄にハマっています。何冊か読みましたが、結構面白いです。最近、本の感想も全く書いていなかったので、その間に読んだものがかなり溜まっていますが、1ヶ月前に読んだ本の感想を書くというのはなかなか難しいので、書かずじまいになりそうです。ペースとしては月10冊から15冊ぐらいかな。『女子大生会計士の事件簿シリーズ』(角川文庫)も面白かったですよ。

 ドラマ・映画も相変わらず観ています。「デザイナー」も「アストロ球団」も終わり、また今クールの連ドラも徐々に最終回を迎えているので、まとめなくてはと思いつつ……。映画の方は専らテレビでですが「ロボコン」が面白かった。あとは何を観たか覚えてません(ふぅ)。DVDも結構買っていますが、今年買ったDVDはまだ1枚も観ていないという有様。ホントに時間が欲しいです。ついでに「疲れない目」も欲しい。

 近況としてはこのぐらいでしょうか。それにしても、ここのところすごく寒いですね。東京はまだましな方だと思いますが、それでも結構辛いです(冷え性なので)。さらには、部屋に本をはじめとする紙類が散乱しており、暖房器具をつけ難い状況となっています。片付けなくてはいけないのですが、そのためには暖かくないと辛いし、という悪循環。エアコンは隣の部屋にはあるのですが、その部屋にはないので。でも、近いうちに片付ける予定です。各種会報が埋もれてしまっていて困るので、今年中に何とかしようっと。

 ということで、今年もあと2週間ほどになりましたが、お付き合いよろしくお願いします。

At 03:20 | コメント (0) | トラックバック (0) | その他
ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14822
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ