') ?> 『ママチャリ刑事I』小松江里子 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

『ママチャリ刑事I』小松江里子

ママチャリ刑事I

ママチャリ刑事I

小松江里子
光文社文庫 (1999/02/20)
460円(税込)

 バツイチ子持ちの女刑事、立花薫とその隣に住む専業主婦(夫が刑事)の小泉日向子。そんなふたりのママチャリコンビが活躍する短篇ユーモアミステリ。「呪いのゴミ箱!殺人カラス襲撃事件」など、全四話が収録されている。

 小松江里子といえば、人気脚本家の一人である。おそらく本作も、ドラマ作品なのであろう。そう思って、ページをめくると、「ノベライズ/豊田美加」と書かれている。これはどういうことだろう。奥付を見ても、「著者 小松江里子」となっているのだが......。普通、ドラマや映画などのノベライズの場合、ノベライズをした人物の名前は表紙などにも表記されるだろう。にもかかわらず、本書は、物語が始まる前のページに小さく書かれているだけである。本書の著書はノベライズをした豊田美加であって、小松江里子はあくまで原作とか、原案とか、脚本とか、そういう表記が正しいのではないだろうか。なんとなく納得のいかない扱い方である。

 さて、肝心の内容はと言えば、まあ、普通のユーモアミステリと言って良いだろう。全体的に脚本調なのはとりあえず大目に見ることにする。

 しかし、第二話の事件はどうかと思う。公園に落とし穴を掘って、そこに傘の先を上に向けて無数に立てて置き、その場所に相手をおびき出して......。幅二メートル深さ三メートルの穴を誰にも気付かれずにどうやって掘ったのかも疑問だが、それ以上に、そんな大きな穴に誤って落ちる子供がいなかったことに驚嘆する。そもそも、そんな穴をどうやってカモフラージュしたのかも分からないし。それに、そこまで苦労しておいて(おそらくスコップで掘ったのだろう。三メートルも!一晩で?)、凶器が傘とは(しかも17本だけ)、ユーモアミステリにしてもちょっとひどいような気がする。ドラマの場合は大げさにしないといけないのかもしれないが、小説化する際にはもう少し考えてほしい。

 ちなみに、ユーモア部分はしっかり押さえられているので、細かいことを気にしなければ、十分に楽しめる。特に、専業主婦、小泉日向子と鑑識官とのやり取りは非常に面白い。おそらく、ドラマにおいても、見所の一つになっていたことだろう。

At 00:21 | コメント (0) | トラックバック (0) | ミステリ
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14813
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ