') ?> 『きのう、火星に行った。』笹生陽子 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

『きのう、火星に行った。』笹生陽子

きのう、火星に行った。

きのう、火星に行った。

笹生陽子
講談社文庫 (2005/03/15)
390円(税込)

 「とことんついてない日は、いつも突然のようにやってくる。」何事にも本気を出さず、クールでいることをモットーにしている主人公、山口拓馬は小学6年生。そんな彼の生活はある日を境に一変する。病気がちで療養していた弟が、突然家に帰ってきたのだ。それに追い討ちをかけるように、学校では体育大会のハードル選手に選ばれてしまう。クールな生活に邪魔が入ったことで、次第に彼の考えも変わっていく。そして、ついていない日は、いつしか懐かしい日々の中に埋もれてゆくのである。

 物語の構図としては、『ぼくらのサイテーの夏』と同様であった。登場人物の性格や配置にも似通っている部分があるので、バリエーションの一種と考えても良いかもしれない。それだけ、作者は少年の成長というテーマを大切にしているのだろう。

 似通っていると書いたが、似ていて飽きてしまうということはない。どちらも同じように傑作で、とても心地よい小説なのである。有機的につながった人間関係の中で、互いに成長していく様子は、無理なくスムーズに構成されており、丁寧さが感じられる。弟との関係の変化をキーアイテムとなるゴーグルを上手く使うことで、象徴的に表現しているところも良い。

 そして、なんといっても、『きのう、火星に行った。』という不思議なタイトルが魅力的である。おそらく、このタイトルに目を惹かれてこの作品を読んだ人もいるだろう。全くストーリーと関係がないようでいて、とても大きな意味を持っている。火星に行くというのは何を意味しているのか。それは、主人公に欠けていたもの、すなわち情熱を表しているのだと思う。彼は、弟たちとの交流の中で、それを取り戻し、物語の最後には火星に行くことができるのである。

At 00:30 | コメント (0) | トラックバック (0) | 児童文学
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14291
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ