') ?> 女王の教室 第6話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

女王の教室 第6話

「夏休みはありません!追いつめられた子供が引き起こした悲劇と奇跡!!」

 阿久津真矢(天海祐希)の独裁的かつ抑圧的な教育に成果が見えはじめた。彼女の目的は、自分の意志を持ち、いかなる時もそれに基づいて行動する人間を育てることだと、前回の感想に書いた。神田和美(志田未来)はその力を発揮しているし、真鍋由介(松川尚瑠輝)も彼女の影響を受けて、力強くなった。

 そして、今回、そこに新藤ひかる(福田麻由子)と馬場久子(永井杏)が加わり、反真矢勢力(実際には真矢の意図に沿っている生徒たち)は徐々に拡大している。終盤でクラス全員にまで拡大したかのようにも見えるが、それは虚構の連帯であり、容易に崩れてしまうだろう。

 あの場面で、真矢へ反発した生徒の大半は、周囲の状況に流されたに過ぎない。そこには自分の信念のなど微塵もなく、ただ自分に有利であろう勢力に逃げ込んだだけだ。真矢が個人面談を行い、飴と鞭を巧みに使うことで、あっけなく元の状況に戻るに違いない。

 真矢にとってみれば、まだ目的が達せられていないわけだから、ここで引き下がることはできない。彼女は徹底的に生徒を押さえつけることによって、全生徒を真に強い人間へと育て上げようとしているのだ。その道は果てしない。

 もしも、数名の生徒のみが精神的な強さを身に付けたとしても、その一方で、強者に追従するだけの人間を大量に生み出してしまっては、真矢の教育は大失敗である。彼女の教育が成功するのは、全生徒が強くなったときだ。彼女は失敗の許されない、厳しい状況を自ら生み出し、果敢に挑戦しているのだ。

 だから、夏休みといえども休むことさえしない。真矢の教育方法に対する批判も多いが、並木(内藤剛志)や天童(原沙知絵)のように、自分の遊びを優先させる教師こそ非難されるべきであり、それは、週休2日制で休暇を増やし、ゆとり教育で授業を外部に丸投げするような、現代の日本の教員についても同様である。真矢は休みであっても、生徒の行動を監視し(見守り)、生徒の変化を見逃すこともない。そういう裏の努力があってこその女王なのだが、女王とは言うものの、あのような授業を行っている彼女こそが一番辛く苦しいのではないだろうか。

 この見方が正しいとした場合、たしかに、真矢の目指すことは分かるし、そのための教育法として、行き過ぎた部分もあるとは思うが、概ね納得できる。だが、一般的にみて、この教育が成功する確率は極めて低い。彼女の抑圧に反発する力を持った生徒が1人もいなかったとしたら、有力者に媚びへつらう人間を大量生産するだけだからだ。神田が抵抗できたのは、真矢の教育のためではなく、彼女自身の元来の力強さゆえである。彼女のように強い生徒がいたからこそ、真矢の教育は成功に近づいているが、そういう生徒がいなければ、元も子もないというのが、真矢の教育における一番の問題点だろう。

At 02:43 | コメント (4) | トラックバック (0) | 日本ドラマ
トラックバックURL

コメント
1. ちーず さん : 2005年8月13日 10:31

こんにちは。真矢は全身全霊で子供達のことを守っているような気がしますね。現実の世界でも、ゆとり教育の見直しも叫ばれていますし、子供の教育について考えるところがたくさんあります。いよいよ第7話放送。恵里花がどう成長していくのか楽しみです。

2. 偵乱密 泡華 さん : 2005年8月14日 00:37

ちーずさん、こんばんは。真矢の教育が絶対に正しいとはいえませんが、彼女は彼女なりに、真剣に子供に向き合っているのでしょうね。恵里花は自分の過ちを見つめ直すことができるのでしょうか。

3. まりこ さん : 2005年8月14日 01:41

TBありがとうございます。回が進むほどに、真矢の真意がわかりそうですね。恵里花も大きく成長したみたいです。

4. 偵乱密 泡華 さん : 2005年8月17日 02:27

まりこさん、こんばんは。真矢の真意が分かっても、突然優しくなったりしてほしくないです。彼女は生徒に悪だと思われたまま、生徒を送り出し、時間が立ってから、生徒たちが真矢の真意に気付くというような展開だと良いかなと思っています。

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 315
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ