') ?> 女系家族 第5話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

女系家族 第5話

「流産」

 このドラマのキーマンは梅村(高橋克典)と宇市(橋爪功)であるように思う。藤代(高島礼子)ら姉妹はまだそれほど宇市を疑っていないが、梅村や良吉(沢村一樹)は宇市の行動に不信感を抱いている。特に梅村は強く疑っているようなので、今後二人の対決があるかもしれない。

 当の宇市は秋田の山林をすでに丸坊主にしてしまったようで、なんと気の早いことか。藤代たちには他の山を案内してごまかすようだが、確実に自分にものになると決まる前から伐採してしまうとは、実に肝の据わった人間だ。「頭の黒い大鼠」とは、彼を評しての梅村の言葉だが、まさにその通りである。

 その梅村は藤代の味方を演じつつ、文乃(米倉涼子)にも接近している。彼はすでに、土地の鑑定の際に私服を肥やしたようだが、藤代の味方を演じているのは財産目当てに違いない。一方、文乃のことは心から想っているように感じられるが、実際のところはどうだろうか。まだまだ分からない。

 そして、次回の予告によると、梅村と文乃が会っている所に藤代が現れるようだ。これにより、3人の立ち位置がどのように変化するのか楽しみだ。梅村が藤代から離れるとなれば、宇市にとって有利になるかもしれない。どんな展開が待っているのだろうか。

At 23:18 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日本ドラマ
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 315
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ