') ?> 『IN・POCKET 2005年6月号』 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

『IN・POCKET 2005年6月号』

IN・POCKET 2005年6月号

IN・POCKET 2005年6月号

講談社 (2005/06/15)
200円(税込)

 巻頭特集は高野和明インタビュー。乱歩賞を取った『13階段』は有名な作品だが、未読なので読みたいと思っているものの、なかなか辿り着けない。ちなみに、彼が岡本喜八に師事していたとは知らなかった。

 インタビューの中で、物語の「黄金パターン」を外すにはよほどの勝算がなくてはいけないと語っていたが、まさにその通りだと思う。確かに、黄金パターンに忠実だと、ありきたりに思うこともあるが、だからといって、新奇であれば良いというものではない。人物描写などの細部がしっかりしていて、かつ工夫されていれば、黄金パターンでも十分に新鮮さを感じられる。

 一方、そのパターンを外した場合、よっぽど上手く創られていないと、細部が丁寧でも全体として崩れてしまう可能性がある。メタ志向が強すぎて、結局良く分からない作品になってしまうというのも、この典型だろう。

 今号で、赤川次郎の「観光案内殺人事件」と、逢坂剛の「暗い国境線」が最終回を迎えた(前者はシリーズものなので、すぐに次の話が始まるが)。「観光案内殺人事件」はユーモアミステリなので、この真相でも良いのかもしれないが、飛びぬけたトリックを期待していただけに、少しがっかり(作品としては十分面白かった)。

 「暗い国境線」は続編があるのだろうか。まだまだ続くのだろうと思っていたので、突然の終了に驚いた。一応、当面の問題には片が付いたということなのだろうが、少し唐突な感じもする。

At 01:46 | コメント (0) | トラックバック (0) | ミステリ
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14440
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ