') ?> 第2話「フーゾクに就職!?」 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

第2話「フーゾクに就職!?」



 このドラマは、「いい男といい女が出て、泣けて笑えてハラハラドキドキする」ドラマへのアンチテーゼではなく、そういうドラマそのものを創ろうとしているように思う。そう思って観ると、意外と成功していて面白い。


 長谷川(谷原章介)がいい男で、ひかり(深田恭子)がいい女なのだろうが、二人ともすこし抜けている部分があって、嫌味がない。永井(松下由樹)の言動にも説得力があるので、観ていて無理なく楽しめる。


 「泣けて笑えてハラハラドキドキする」部分もしっかり押さえられていて良い。特に、ひかりの弟である、武史(篠田拓馬)と悟(綾部守人)のやり取りが愉快でありつつも、哀しさを感じさせてくれるのが上手いと思う。


 中盤、弟二人の将来の夢を聞くシーンで、「幸せになりたい!」と答えた悟。幸せになるためには、お金以外になにが必要かという疑問に、彼は「借金?」と言った。それに対して、武史は「もしそうだったら、僕らはもう幸せだよ。」と笑っていたが、その様子を見ていると、この家族はとても幸せそうだった。彼らは、お金こそないものの、幸せになるために必要なものを持っているのではないかと思う。お金がなくても幸せだというのは、とても陳腐なものであるが、このドラマでは、それを言葉で言ってしまうのではなく、人物の行動で示すことに成功しているという点で、評価できるのではないだろうか。


 それは、ドラマ全体にも言えるような気がする。ひょっとすると、このドラマは、使い古された設定や表現を上手く処理して、新鮮なものへと昇華させようとしているのかもしれない。



At 23:07 | コメント (0) | トラックバック (0)
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 315
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ