') ?> 第3艇 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

第3艇



 例の一件(詳しくは下の関連記事リストを)でいろいろと話題にもなっているが、ドラマなどを観るときは、できるだけ現実社会と切り離して観たい。役者の方たちも自分を捨てて、役になりきっているのだから、観る側としてもその役者自身の問題については極力意識しない方がいいだろうと思う。とはいえ、それは理想で、実際には演者自身の言動とリンクさせて観てしまうのだが。


 そういうわけで、重要な役柄であった中田三郎は今回は姿を見せず、次回以降キャストを変更して登場するということだ。だが、まだそれほどストーリーに絡んでいなかったので、彼がいなくても、それほど違和感はなかった。編集で対応できる段階だったのが救いだろう。


 そのカットのせいかもしれないが、新人戦のシーンが異様に長い気がした。以前、「アタックNo.1」の時にも書いたが、スポーツを描いたドラマの中での試合のシーンはコンパクトにまとめるべきだと思う。今回は仕方なかったのかもしれないが、今後はもう少し上手く処理されることを望む。


 登場人物たちはみな魅力的である。女子ボート部のメンバーはそれぞれに特徴があるので、見ていて面白い。悦ネエ(鈴木杏)、リー(相武紗季)、ダッコ(岩佐真悠子)、ヒメ(佐津川愛美)、イモッチ(藤本静)というあだ名も微笑ましい。普段はかわいらしいヒメの力強い掛け声に、男子ボート部キャプテンの安田(北条隆博)が少し動揺していたのが面白かった。


 今回、悦子のキャプテンとしての悩みが、ブー(錦戸亮)がサッカー部で抱いた悩みと同質のものであり、その悩みために彼がサッカー部をやめたということが明らかにされた。そのシーンから、ブーの精神的な強さと、悦子への優しさが伝わってきて良かった。普段は悦子を遠くから見守っている彼の、悦子に対する想いは相当に深いものなのだろう。


 次回は、中田が帰ってくる。キャストの変更にはいろいろと意見があるだろうが、いかんせん急なことなので、なるべく苦言は控えて、優しい目で見守っていきたい。


関連記事リスト




At 20:29 | コメント (2) | トラックバック (0)
トラックバックURL

コメント
1. まりこ さん : 2005年7月24日 00:03

こんばんはTBありがとうございます。代役決定にびっくりしましたが、ドラマは応援していきたいですね。違和感なく見られるといいのですが・・(^_^;)

2. 偵乱密 泡華 さん : 2005年7月24日 18:23

まりこさん、こんばんは。中田はいなくなるのかとも思っていたので、代役決定には私も驚きました。違和感なく楽しみたいですね。

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 14780
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ