') ?> ドラゴン桜 第2回 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

ドラゴン桜 第2回

「自分の弱さを知れ!」

 作中で、矢島(山下智久)も言っていたが、桜木(阿部寛)の発言は詐欺師に近い。だが、その胡散臭さが阿部寛の魅力であり、このドラマの面白さでもある。

 それにしても、「特進クラス」のメンバーがあまりに簡単に集まったのには驚く。矢島が入るまでには時間もお金もかかったが、あとの緒方(小池徹平)、香坂(新垣結衣)、小林(サエコ)はあっさりとしすぎている。矢島が入ったからという理由なのだろうか。人生の分岐点とも言える、大決断のはずなのに、なんともお気軽な選択だ。それが龍山高校の生徒らしいところなのかもしれない。

 ところで、水道も止められるほどに貧乏な桜木が18万円もするトランペットをどうやって購入したのだろうか?矢島のトランペットを買い戻すために、工事現場でのバイトをしたということか。だとすると、桜木というのは、大雑把そうに見えて意外と細やかな心を持った人間に違いない。

 なお、矢島を説得するシーンで、桜木が「受験は今の日本に残された唯一の平等」というような発言をした。しかし、それには賛成できない。ある程度の資金がなくては、平等な土台に立って受験をすることなど不可能だからだ。
 大学受験であれば、まず高校を卒業(あるいは大検に合格)しなくてはいけない。それには、授業料などがかかる。また、実際に受験する段になっても、決して平等ではない。金持ちは、有名な予備校や家庭教師によって、効果的な受験勉強をし、様々な情報を得ることもできる。一方、そんな余裕がなければ、自力でやるしかないが、参考書代もかかるだろうし、長年の蓄積のある予備校などのノウハウを得られないのは、決定的に不利である。それを乗り切ったとしても、最後には受験料という問題もある。
 また、住んでいる地域によって、不利になることもあるだろう。センター試験は各地で受けられるが、たとえば東大の本試験を受けるとなれば、東京まで来なくてはいけない。地方からの受験者にとっては、交通費や宿泊費というような費用面の問題もあるし、不慣れな地域での試験というのは圧倒的に不利である。このように、受験といえども、そう単純に平等だとは言えないと思う。

 それはともかく、とりあえず、今回までは前奏で、次回以降、本格的に「特進クラス」が始まる。果たして、どんな勉強法なのだろうか。そして、クラスのメンバーたちはついていけるのか。他の教員たちはどうなるのだろうか。まだまだ目が離せない。

At 00:08 | コメント (4) | トラックバック (0) | 日本ドラマ
トラックバックURL

コメント
1. まりこ さん : 2005年7月19日 10:14

こんにちは。TBありがとうございます。桜木が言う受験が平等というのは、合否のみのことだったかもしれませんね。だからこそ、特進クラスの彼らが、どんな風に(多分お金はかけられないと思うので)勉強していくか、興味深いですね。

2. 偵乱密 泡華 さん : 2005年7月19日 17:16

こんにちは、コメントありがとうございます。記事に書いたのはうがった見方ですが、私立に通っているというのも、桜木という指導者を得たというのも、恵まれているわけで、細かく言えば平等とは言えなくなってしまうように思います。でも、これからの勉強法とそれに対する生徒の反応が楽しみです。

3. ちーず さん : 2005年7月19日 23:13

偵乱密 泡華さん、こんばんは。勇介以外の三人は、あっという間の感じがしましたね。勇介にくっついてきた感じがしますが、桜木の訴えのせいもあってほしいな、と思いました。受験平等。門は開かれているとしても、経済的な理由などを考えると平等、とは言い切れないかもしれませんね。

4. 偵乱密 泡華 さん : 2005年7月20日 00:51

ちーずさん、こんばんは。その三人についても、桜木の訴えがあるとよかったように思いますが、時間の都合なのかな?受験に限らず、何事も本当に平等って言えるのは、なかなかないですよね。

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 12614
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ