') ?> いま、会いにゆきます 第2話 < 双条光華のエンタメ一刀両断!

いま、会いにゆきます 第2話

「授業参観」

 やはり、ただの純愛ドラマとはいえない、謎に満ちた作品で面白い。映像表現も幻想的で、全体的にゆったりと心地よい雰囲気である。そのように緩やかな流れではあるものの、今後の展開を考えると油断していられない。

 当面は、巧(成宮寛貴)、佑司(武井証)、澪(ミムラ)の三人の生活が物語の中心になるのだろう。だが、本作の最大の焦点は、澪の存在である。彼女が本当の澪なのか、そうだとしたら、どうしてよみがえることができたのか。その謎が最終的に解き明かされるのだろう。

 今回、巧と澪の子供時代が描かれたが、これは次回以降も続くようで、何か重要な意味があるように思われる。また、巧が病院に通っていることもポイントになりそうだ。そして、澪が遺した絵本も。

 まだまだ謎が多くて、これからに期待できる。たくさんの謎があるにもかかわらず、まるで、それらが存在しないかのような、ゆっくりとした展開にも無理がなく、成功していると思う。3人の関係の変化と澪の謎を楽しみに見つめていきたい。

At 01:16 | コメント (0) | トラックバック (0) | 日本ドラマ
トラックバックURL

コメントを投稿する
コメントスパム対策のため、下の画像に書かれた文字を記入してください。


画像の中に見える文字を入力してください。

ようこそ!
コメント&トラックバック大歓迎。感想だけでなく、異論・反論もお待ちしています。

記事数 : 193
コメント数 : 13309
トラックバック数 : 5
プロフィール
双条 光華
Sojo Koka

芸能界暴露本のおかげで道を誤り、いつのまにか男性アイドルウォッチャーに…。
新しいモノ・珍しいモノ・面白いモノが好き。読書はもっぱらミステリです。
カテゴリー
おことわり
このブログに書かれているのは、ひとつの考え・解釈です。すべてが真実であるかは分かりません。
文中にネタバレを含む際はその旨を表記するようにしています。
ただし、ドラマに関してはことわりなく書いている場合がありますので、視聴後にご覧ください。
なお、記事中では基本的に敬称略としています。
このブログの沿革
このブログは、双条光華が過去に運営してきたブログの記事ならびに当時頂いたコメントをすべて継承しています。(現在移行中のため、一部表示が乱れています)
2008/8~ エンタメ一刀両断!
2007/1~ 散在道中膝栗毛
2005/5~ ブログの輪舞
ちなみに、「偵乱密泡華」というのは昔のHNです。
カウンタ
上へ
下へ